大人のうる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「うる」のずる休み推進日記です。

もうフェミニズムの主張がわからない

Twitter中毒あるあるなのかしら。

最近、いや、前からなのか、フェミニズムという概念が独り歩きどころか、パラレルワールドに迷い混んでる気しかしない。

え、70年代のブルジョワ反対!みたいな?

幸せな毎日を送っているこっちが責められている気がするくらい、迷い混んでる。

 

普通の結婚して、普通の生活しているこっちが

「もっとちゃんと考えて!私たちは男から搾取されているのよ!」と無理やり髪を鷲掴みされて、説得されているような。

まあ、全ては見なきゃいいじゃーん、なんだけど、特にTwitterなぞ。

 

でも、その狂信的な主張を見させられているからこそ、冷静に自分と家族と回りの環境を眺められるという利点もあるので、ついつい見てしまう。

見るたびに「ザッツ・他人事!」となる。

 

単純に、自分が不満に思ったり、イラッとしたことを無理やり社会的問題に持ち込もうとするその姿勢が、フェミニズムのおかしいところ。

これは、家庭と会社を例にとることがよくある。だから共感もされやすい。女はとにかく共感が好きなのだ。だから、狂信的になるのも早い。もちろん、私も共感が好きだ。否定されるより共感は楽しいし、ホッとする。

 

そりゃ重箱の隅をつつけば、なんだって共感することもあるでしょうよ。

 

分かりやすく家族の話をすると

私の旦那は優しい。一言では言えない優しさがある。穏やかさ、とはちょっと違う。

あまり人を頼らないから、自己完結が上手い。あまり友達がいないけど、それは人付き合いが下手だとは思わない。

人付き合いを人生の重要な場所としていないような気がする。いい意味で気が利かないが、自己完結だから、人にそもそも迷惑をかけないし、気を使わせないという高度な技を持っている。心から尊敬できる。

 

このような夫に

「搾取されている」と感じるポイントが何一つ見つからない。

常に、旦那が望むことや、やりたいことが、そもそも誰にも迷惑を掛けないからだ。大した趣味がないってこともあるんだけど。

 

旦那は出勤前に、洗濯をして、干す。

私が帰りが遅かったら、ご飯を作って、子供と食べている。

洗い物があったら、すぐに洗う。

部屋が汚れたら、掃除機をかけるし、床を拭く。

 

これを無理なくこなす。強要したことも、されたこともない。

私がダメ主婦なんだなぁ、と思うけれど、比重で言えば半々位だと思う。と、思う・・

つまり、気がついて、元気でやる気がある方がやる、というシステムが完璧に出来ている。

こうなると、私もこの人に合わせなきゃ!と思うのだ。おんぶに抱っこされてるのは納得いかなくなる。甘んじている自分が情けなくなる。

 

旦那のために、好きなご飯を作ろうと思うし、旦那がいない間に掃除をしてキレイにしようと思う。

旦那が出張でいなかったら、帰ってくる前に洗濯をしまくって、旦那の負担を減らしたいと思うし、万全な状態で迎えたくなる。

私だって、ちゃんとした大人だし!と張り合いたくなる。不思議だ・・

とうとう旦那と対等になりたくて、旦那と同等の給与を得る仕事につけた。

これは、私にとって、とても大きい出来事だった。家事と育児が疎かになることも多少懸念したけれど、この人となら大丈夫!と強く思える。

結婚するまで、全てがだらしなかった私に、こんな本質があったとは・・負けず嫌いなんだなあ。と結婚10年目でしみじみ感じた。

このような状況の私が「女性搾取論」を唱えられても、心が揺らぐわけないよなあ。

 

うまくいかないことを回りのせいにするのは簡単で、その矛先を社会のせいにするのは更に簡単だ。自分のせいじゃない、この国が、世界が悪いといえばそれらしく聞こえるものだ。うまくいけば、同調まで得られる。

だが、それが本質的な満足になるだろうか。

社会がたとえば、角度が5°ずつ変わったとしても目の前の夫や、勤めている会社は変わるだろうか。

ネガティブなことをTwitterで言って、共感を得られたとしても、現状を自分の手で変えられない人が、本当に納得いく答えが出せるのだろうか。

 

だから、フェミニズムはいつ見てもわからないのよ。私の言ってることは所詮他人事なように、あなたの言ってることも他人事。

それに対して「立ち上がれ女ども!」という雰囲気を社会に蔓延されると、男性が萎縮しまくる世の中になるのが見ていて辛い。

平等とはほど遠い方向に向かうなよ、フェミニズム。。

 

 

 

 

 

 

 

 

未来は私の勉強がない世界

職業訓練というところは

確かに失業手当ては貰えるし、交通費も出るし、普段なら金を払ってでも勉強したいような授業をして頂けるし、職安の求人も積極的に紹介してもらえるし、利害関係のない友人も出来るし、いいこと尽くしなんです。はい。

 

でも、その分当たり前ですが、勉強しなきゃいけないし、常に資格試験なるものが課されます。

コースや授業内容にもよりますが、強制的に全員受けさせられる場合もあります。

私の通っているコースは、建築分野で、資格試験はほぼ任意(実施資格以外は)なのですが

せっかく学校に入ったのだから、取れる資格は積極的に取る!という意気込みの方が多いです。その中にはワタシも含まれます。

 

意気込みはあるんですよ、意気込みは。

 

11月に一つ商工会議所主催の資格検定がありまして、それも一週間前からヤバいと思って勉強したら、なんとか合格点ピッタリで合格しました。(つまりきちんと頭に入っていない)

 

そして、1月にはCAD検定なるものがあり、この検定が厄介。私の今の悩み。

もともとCADが出来るようになりたくて、職業訓練に通うと決めたのに、資格検定となると恐ろしいくらい面倒な過程を通過して臨まなければならない。

 

クラスの方々はみんなで一生懸命12月前から練習をして、日常会話はほぼCADの出来合いで切磋琢磨している。

 

一度も練習をしていない私は果てしなく

アウェー & アウェー

皆様との心の溝が少しずつ出てきてます。

やりたくないわけじゃないの、ジムに通い始めたの、一時間あればウェイトトレーニングがしたいの、ランニングしたいの、風呂に入ってすっきり眠りたいの、つまりCADの練習やりたくないの。

 

だってさ、きっとさ

こんな面倒な過程を踏まなくてもあと10年したら建物をスキャンしただけで図面が現れる3Dソフトみたいの出るよ、そもそもマイホームデザイナーとかで立体的に簡単に図面が引けるじゃないの、いや、細かい数字はさ、図面に手書きしただけでも、スキャンしただけで正確な数字が入るソフトとか、すでにあるんじゃない?きっといつか3Dプリンターで家建っちゃうよ。

とか、無理矢理やらない理由を心に擦り付けている日々を過ごしています。

(決してCADのお仕事をディスっているのではありません、お仕事にしている方本当に尊敬しております)

 

仕事の内容や正確さなんかもあと10年したら、なにもかも機械化されて、人間なんて不要になるって言うじゃないですか。人工知能が全てのソフトを搭載していたら最強じゃないの。

建築家と工務店の会話を録音させて、それを勝手にインプットして、一時間後には図面化されてるなんてことは、今の技術ですでに出来そうなものじゃないですか。

 

そもそも、ビルや住宅は必要なのか?

いつか、ブルマのお父さんやブルマみたいな人が現れてカプセルコーポレーション作って、ホイホイカプセルの中で暮らせるとか、ドラえもんのポケットの中に家があるとか、ポケモンボールの中で暮らせるかもしれない。排泄もトイレに行くのではなく、カテーテルみたいなものが体に埋め込まれて、常に尿意を持つことなく小さなカプセルに溜め込まれて、ある一定量が溜まったら、凝固化した尿を燃えるごみに捨てるタンポンみたいなものが出来るかもしれない。

 

 

つまり私が今からやらなきゃいけないことは

自分の努力でしか実現することが不可能な筋肉増強なんじゃないかと思うんです。

機械に代わりにランニングさせても、私の筋肉にはならないですから。うん。

 

あとは、新しい技術革新にいかにノリノリで波に乗るか。

 

私がいま、やらなきゃいけないことは、筋トレと子供の教育だ!これぞ、本当の愛と学びだよ!

 

ということで、今夜からCADの特訓を始めることにしました、が。

前途多難すぎる。

 

はやくカプセルコーポレーションのある世界にすみたい。

 

ブルマになりたい、ブルマの体になりたい、ベジータに抱かれたい。

 

 

晩酌を一切やめてみることにした

飲み会はします!断酒ではありません。

 

自宅での晩酌をやめるんです。

 

ダイエットのために、ここ半年間は極力晩酌をしないできた。

痩せるためには酒を減らすことはとても大きい。

 

というのも、私は今年の6月まで、毎晩お酒を飲んでいた、完全なキッチンドランカー。

お酒を飲みながらじゃないと、ご飯を作れなかった。気持ちが乗らないのだ。

お酒を飲んでご機嫌になると、料理も家族との会話も楽しくなる。家族円満には欠かせないアイテムだと思っていた。

 

6月からは仕事もやめて、ダイエットも始めたので、晩酌をやめることにした。

 

初めは本当に辛かった。

初夏だったし、お家にはたくさんのビールやチューハイが残っていたから、夕方になると必然的に手が伸びそうになっていた。

 

そこで、疑似チューハイを作成した。

 

強めの炭酸水レモンと

 

ポッカサッポロ お酒にプラス とくとくレモン 500ml

ポッカサッポロ お酒にプラス とくとくレモン 500ml

  • 発売日: 2015/03/09
  • メディア: 食品&飲料
 

これ。

   

これを渇いた喉にグワーッと流し込む。1日2~3杯は飲んだ。この際、カロリーよりも、まずは禁酒を優先した。

 

ものの3日で酒を欲する気持ちが消えた。

 

すげぇ、アルコールってタバコよりずっと辞めるの楽じゃん・・

 

ちなみにノンアルコールビールではこれは無理だった。むしろ物足りなさからビールが飲みたくて仕方なくなる。

 

この、ちんまりした一手間と、強炭酸水による喉越しと、チューハイかぶがぶ飲んでやるぜ!って感じがいいのかなぁ。

 

途中で、割るレモンが甘く感じてきたため、レモンを変えた。

 

 

ポッカレモン100 70ml

ポッカレモン100 70ml

  • 発売日: 2015/09/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 

こういうのに。ただの酸っぱいレモン味。

 

そうしていると、一週間くらいで炭酸水だけでいいか、に変わった。

 

そうしてまた一週間すると、もう麦茶が一番旨いなぁに変わった。

 

そうして、あっさり晩酌抜けすることが出来た。

1ヶ月前まで500缶のビールとチューハイを毎晩飲んでいたとは思えない。

 

すると、どうだろう。

 

 

不思議なもので旦那の酒の量までみるみるうちに減った。私は旦那には酒の制限は一切していない。疲れて帰ってきてんだから、好きなように好きなものを頂いたらいい。

 

ただ、一緒に飲んでくれる人がいない、ということはとても効果があることがわかった。

 

多分、無理やり「私の前で飲まないでよ」だの「あなたも禁酒してね」だの、強制していたらストレスになり、むしろ外出して飲みに行ったり、イライラして量が増えていたのかもしれない。

片方が「飲まなくなる」だけで、勝手に量が減ったのだ。これは面白い発見だった。

 

禁酒から、半年。私はいま、職業訓練に通っている。やっぱり専業主婦でいるよりはしんどい。働いていない分際ですが、しんどいものはしんどい。

 

ここのところ、たまーに、缶チューハイに手を出してしまうことがあった。

だが、一度晩酌をやめたら、とことん酒に弱くなった。

今では、サントリーほろよい1つでギブアップ。

 

だが、以前とは飲酒後の体調が違った。

 

飲んでるときは楽しくてご機嫌なのだが

飲みおわると、眠くてだるくて仕方ない。

 

子供との会話、子供の宿題のつきあい、旦那との会話、筋トレ、勉強・・

全てがダルくて、嫌で、仕方ないのだ。

 

これには、家族もげんなりだ。

前は寝る直前まで飲んでいたのでここまで酷くなかった。でも今は酒が弱くなったから、少ししか飲めない。だから、晩酌以降余った時間はただ、ダルいだけの時間だ。

 

誰のためにもならない、自己満足にもならない、むしろ回りに迷惑しかかけない。

 

それが晩酌なのだとようやく気がついた。

 

お酒が弱くてすぐ具合が悪くなる人の気持ちがわかった。お酒は嫌いじゃないけど、そのあとのことを考えるとゲンナリする。だったら、初めから飲まない方がいい。

そういうことだったのか・・・

 

晩酌をやめた。

疲れていても、お酒を飲まなければ、夕食後の時間はとても有意義なものになる。

 

今までお酒と共に生きてきたと思ってたけど、飲まない飲めない人の気持ちと共に生きていこうと思えた。

 

晩酌は悪でも罪でもない。

晩酌は楽しいものだ。

 

楽しめなくなったから、辞めるのです。

 

もう一度追記しますが、飲み会はやります行きますたくさん飲みます。

やっぱりお酒は好きだから♥️

 

お酒とのお付き合いをアラフォーになって

やっっっと少しだけわかって、大人になりました!