大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

生きるということ

いや、ほんと、かっこいいタイトルにしたかっただけなんです。

糸井重里的な。

メッセージ性をシンプルに、的な。

 

我が家のグッピーの話です。

かれこれ8か月くらいになるでしょうか。

5匹のグッピーを飼い始めて。(超絶軽い気持ちで)

それ以前に何匹もメダカさんを死亡させてしまっていて、もうメダカはいいや・・・・・ヒラヒラしたきれいなグッピーを飼ってみよっかなあ~っていう気持ちで始めた飼育。

 

これがまた、一匹も死亡しないし、ほかに飼ったコリドラスなんかとも仲良く暮らしてくれるし、なんかきれいで癒されるし、いいなあ♪とあまり気にせず飼っていましたが。

 

ある時期から変異が。

 

5匹のうち、おなかが大きくなる2匹がいまして、

「え!なにこれ、病気じゃねーの?!」

って思って調べたら「腹水病」というワードに引っかかりました。

放っておいたらみんなに移ると書いていたので急いで隔離して対策法を検索しました。

 

「え、ココア浴?ココアってあの飲むココア?なんじゃそりゃ?」

どうやら、この腹水病、市販の純ココア(砂糖入ってないやつ)を水で薄めたもので何日か住まわせると治るらしいのです。

マジか!!

普段は、高いので絶対に買うことのないバンホーテンの純ココアを買い、ネットで記載されているようにお腹の膨れた2匹をココア水の中に入れて様子を見ることにしました。

 

 

勘のいい方はお分かりですよね?

 

翌日、仕事から帰ってきてココア液の中を覗くと

普段と変わらない様子の二匹が水面でパクパクしながらこちらを見ているのの横に

かすかに、小さな何かがパクパク口を開けている。

「!!!!」

急いでココアの中からきれいな水にそのものたちを移し替えました。

 

残念ながら、ココア液の底にはたくさんの亡骸となったシラスのような小魚が。

「うわああ!ごめんなさい!!ごめんごめん!!」

せめて生きている子だけでも助けないと!!

結果、生きていたのは4匹だけ。

ものすごく後悔と懺悔の念に駆られました。

 

赤ちゃんのグッピーってどうしたらいいの?!

すぐにネットで調べて、夕飯も作らず、急いでホームセンターへ赤ちゃん飼育セットを買いに行きまして。飼育用ネットの中へ。

 

そのあと、メス2匹で追加9匹を出産して合計13匹の赤ちゃんを

繁殖させることに成功。

 

とりあえず、稚魚で2センチ以上にならないと、大人のオスグッピーに食べられてしまうと書いてあったので、毎日飼育ネットの中を掃除して、丁寧に丁寧に

一匹も殺すことなく、育てていきました。

 

「今後、この母親たちはすぐに死んじゃったりするのかなあ。出産の役目は終わったから、やっぱり・・・」

と、またネットで調べると

「ええ!一回出産したら、そのあと2回から3回は28日置きにまた出産する?!しかも、初産より確実に数が増える?!マジか!!!」

すぐにカレンダーで周期をつけ、来月の出産予想日まで、まずは稚魚を2㎝以上にして大きい水槽に成魚と混泳して、新しい赤ちゃんの場所を確保しなくては・・・

 

結局、ただのインテリアと化していたグッピーちゃんの水槽を

1日最低でも30分は眺めてる時間があるようになりました。

日に日に増していく愛情。

成長していく喜び。

ああ、なんてかわいいんだ、私のグッピーちゃん。

 

そして一か月がすぎ、メスは現在二回目の出産をしています。

昨晩の様子はこちら↓


f:id:ruruyasumi:20170625215947j:image

ネットの中の底のほうに小さいのいるのわかります?

昨日数えた段階では11匹。

 ところが今日夕方自宅へ帰ってみると↓


f:id:ruruyasumi:20170625220002j:image

画像ではわかりづらいんですけど、入れ食い状態ってゆうか。

40匹くらいになっていて、数える気にもならない。

で、これは先月生まれて、2㎝以上になった子供たち↓


f:id:ruruyasumi:20170625220011j:image

 ほんのり色がついてきて、お母さんはうれしいよ!!

 

グッピーの繁殖って、すんごい簡単らしくて、だからこそめちゃくちゃ

増えるらしくて。

自然体にしておくなら赤ちゃん魚は、成魚と同じ環境で育てて、小さくて弱い奴は食べられたいじめられたりして、死んでいって、強いやつだけ淘汰されて成魚になるのが一般的。

まあ、どの動物にも言えることですよね。

 

でも、私、私、ちょっと心情的にそれはできない。

それならば繁殖しないように、オスとメスを別の水槽で飼ったらいいらしい。

なるほど、修道女にするというわけですか。

 

でもさ、出産のためにメスのみを隔離しておいたらさ

オスがまったく元気がなくなったの、もう如実に。

全然泳ぎにも覇気がなくてさ。

出産後、メスを水槽に戻した瞬間からもうメスのケツを追いかけまわす追いかけまわすですっごいの。

そこで、オス同士が戦ったりしたりもしたの。

一気に水槽のなかが、メスを巡る闘技場になったんです。

 

本来、生物ってこういう物なんだよなあ、人間だって本能はこういうものなんだよなあって

メスの尻にくっついてる糞まで食らいつきそうな勢いのオスたちをみて思った。

 

今現代の日本人は、性に対してスマートだよなあ。

こんな小さい魚のメスを巡る闘争をみていると、なんというか複雑な気持ちになる。

 

ちなみに、そのオスたちは、まだ性別の判別が難しい2㎝弱の子グッピーには

なんら興味がなくって。

どうやら本能はロリコンではないらしい。

と、ちょっと安心しました。

 

おまけ:あこがれるアクアリウム庭園↓
f:id:ruruyasumi:20170625220246j:image

金がいくらあっても満足するには足りなさそう。

まったくもって予定外なこと

予定外なんです。

私は現在、仕事は午前のみの勤務にして、午後は夕方まで予備校で勉強をする毎日を過ごしています。

仕事を午前のみにしていることで、もちろん給料は半減。

保険も年金も旦那の扶養に入りました。

今までここまで低い収入で働いたことがないので数か月前までかなり意識をして

「お金を使わない生活に慣れなければ・・・」と躍起になっていました。

 

それでも、携帯代、子供の保育園費を払ってしまえば残るのは飲み会一回分くらいのお金でしょうか。

もともと毎月、一円も残らず使い切ってしまう私だったので(むしろ足りなくて旦那からたまにお金をもらっていました)もし、なんかの拍子で金融なんかにお金を借りたくなったらどうしよう・・・と震えておりました。

それでも、やっぱり勉強しないと受からないし、絶対。

 

午前パートを始めてから、約2か月が経過しまして。

 

 

驚くことに、ちょっとお金が増えているんです。

実際には増えているというよりも、貯金できてるんです。

収入が下がる恐怖から、なるべくストックするようにものすごく気を付けていたら

本当にお金が減らないようになってきて。

まずは昼食代として1000円近く使っていたのですが、今は一日200円で収まるように

家から持っていくようになり。

ついつい地下鉄を使用していたところも、徒歩で通勤するようになり。

週末もお金を使わないように使わないように気を付けて。

書籍を買うときは必ずアマゾン中古品を探してから買うようになり。

たま~に洋服も買うのですが、とにかく一着1500円を超える場合は一度諦めたり。

(だから、しまむらの服か、セール中のH&Mばかり)

 

ほんのわずかですが、今までお金をストックする概念が無かった私にとって

これはすごい出来事です。(ちなみに家計はすべて旦那に任せています。私は散財してしまうので・・・)

なんだ、あたしやればできんじゃん!って。

今までどんだけ無駄使いしてきたんだろうと思うとぞっとします。

 

ちょっと裕福になったので、たまにはストレス発散したいな~と町ブラしたんですけど

いよいよ見るものすべてが高く感じてしまって。

結局、親友の誕生日プレゼントに散財することに決めました。

ちょっといいオードトワレ。

ネルシャー。

 

 これと、ランチをコースにしてご馳走しました。

いつも彼女の誕生日にはそれなりに奮発していますが、お金がなくて、お歳暮でいただいた商品券なんかでプレゼントを買っていたので(情けない・・・)

久しぶりにちゃんと、そして余裕をもってプレゼントできました。

自分で使うよりも気持ちがいいもんです。

まいにちオードトワレを付けてくれる女性なのでとても喜んでくれました。

 

 

それとは別に500円貯金なんかもできたぐらいにして。

旦那に「お小遣いちょーだい」って言ってないんですよ、びっくりw

 

そんで、今はお財布に3000円以上入っているとビクビクしてしまうチキンっぷり。

いい大人がこんなんでいいのか。

 

まあ、やろうと思えばできるのね、人間って。

 

ちなみに親友から

「ところであんたの誕生日は何が欲しいのよ?」と聞かれて

る「うーーーーーーーん・・・・ウーーーーーーーーーん」

しばらく考えたんですけど、全然出てこない。

結構悩んだんですけど、本当に出てこない。

る「ご、合格通知、かな」

 

「・・・受かってからもう一回考えといて。それまで保留にしとくから」

 

受かったら、それこそ何にもいらなくなるんじゃないか。

 

ちょっと最近毎日が楽しい(^^♪

 

 

 

 

 

おばさんになると親父ギャグがガスガス

先日髪を切りに行ったんです。

 

いつもは地元の行きつけに行くんですが

仕事帰りだったので、町中の(札幌でいう大通り駅)サロンで。

初めて行くとこなんでホットペッパーの評価が良いとこ。

出来れば担当者が女性が良いんで希望したんですけど、若い男性だった。

まあそれはお店のスケジュールうんぬんがあるから良しとしたんですが。

 

特段、強い希望もなかったんで

「毛先が荒れてるんでバッサリいってもいいですよ~」と、雑誌見て

「あ、こんな感じのショートボブで。」

 

「若い男の子か~なにしゃべろう。。」

この感じが苦手なのであんまり話さずいたのですが結構話しかけてくるので、

「ああ、そういう雰囲気ですね」と思い話していました。

こういうときのために会話はある程度用意しています。

る「ぶっちゃけ、同じように専門学校出た子で美容師続けてる人どれくらいいるんですか?」

「いやー、ほとんど辞めちゃいましたね。半分もいないかなあ」

る「ああ、そういうもんなんだね。でもあなたは続けて偉いね」

「まあ、好きですから~仕事」

る「やっぱり男の子だから(ヒソヒソ声で)独立とか考えたりするの?」

「そうっすねー、僕も20代後半なんで意識しますね。お客さんある程度確保して店を辞めて独立するために今頑張ってます。。。よろしくお願い致しますよ~」

る「そうかー、そうですよね。指名が大事だよね~」

と、ツラツラ話して。

る「そいやあ昔はシャギーカットとか流行ったりして今はいなくなったよね。たまにシャギーカットとか注文される?」

「あ、もうそれ、教科書の世界っす。僕そんとき小学生とかだから」

る「あ、、小学生、ね、うん」

「リアルタイムでは知らないっす。」

る「あ、でも私もそんとき小学生だったかな」

「・・・・」

 

いや、嘘でもいいから笑ってくれよ。

ばばあだからこういうくっだらない振りが、反射的に出ちゃうんだよ。。

「・・・」チョキチョキ・・

る「あの、、小学生ね、うん」

「・・・」チョキチョキ・・

 

頼む、なんでも良いから言葉を発してくれ。

気持ち悪いでもいいから、なにか。。

 

チョキチョキ・・

チョキチョキ・・

 

「ありがとうございましたー!またぜひよろしくお願いしますね。」

 

嘘でもいい、嘲笑うでもいいから、

おばちゃん、反応してほしかった!

おばちゃん、恥ずかしかった。。

 

仕上がった髪型はどう見ても

田嶋陽子先生でした。

なんで、後ろ刈り上げちゃうかなあ~♪

このあと飲み会なのになあ🎵

 

翌日、どう頑張ってセットしたり分け目を変えても、今度はIKKOさんにしか見えません。

 

IKKOさんになるなら、金髪にすりゃ良かったよ。

 

おばちゃんが振ってくる痛い振りに

反抗心を露にした結果がこの仕打ちだろうか。

ババア、調子のるならババアにしてやんよってことだったのか。

 

もう、行かない(てか、恥ずかしくて行けない)