読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

稚内に行った話

稚内ですよ、稚内

日本の最北端の稚内

GWに義理父母と子供と四人で行きました。

 

なぜ、稚内

私が行きたかったんです。

なぜ?

札幌とはいえ北海道に住んでるのに、最北端の土地に住んでるのに、最北端の稚内には行ったことないし、まあ今後の人生でも行くこと無いかもしれないし。

 

GWってタイミングは正解だったのか不正解だったのか未だ分かりません。

 

ただ、今年社会人になって十○ねん、初めてのGW休み。

いつもGW中は息子の世話をしてくれている義理父母にサービスのつもりで旅行を提案しました。

サービスだから、もちろん義理父母を疲れさせてしまうわけには行かない。

つまり私が運転手に徹するのが最大のサービスです。

うーん、単独運転では札幌↔帯広の5時間が最長だったなあ。今では高速が通ってだいぶ時間が短縮出来たけど、私が行った当時は高速が通ってなくて、後半一時間以上はひたすら峠を越えるという道のり。帯広までは182㎞だってさ。


f:id:ruruyasumi:20170515082124j:image

 

 それが今回驚異の328㎞!

私は生きて帰れるのだろうか、、でも言い出したのは私だし。もう宿も取ったし、一泊二日だから絶対に辿り着かなければならないし!

 

道のりは二つあります。

※拾い物の画像ですいません


f:id:ruruyasumi:20170515170324j:image

 この日本海側をひたすら北上するオロロンラインルート。

そして


f:id:ruruyasumi:20170515170404j:image

 旭川を経由してすすむ道央北上ルート。

距離は若干オロロンラインをすすむ方が短いかもしれませんが、いろんな街並みを眺めながら進むなら道央って感じでしょうか。

 

なので、往路は道央、復路はオロロンラインで向かいました。

本当は旭川過ぎまで高速があるんだけど

義理父母の車で向かっている故に、高速代を払ってもらうのは忍びなくて。(宿泊代も出してもらっている)

私の体力の問題なので、オール下道&高速料金無料区間のみで走りました。

 

初日は、散々でございまして。。

5歳になったばかりの息子に長時間ドライブはかなりの忍耐が必要で

つまんない、つまんない、帰りたいの連打。

たまに休んで、アイスを食べさせるも、速攻で腹が下り、お漏らしをしてしまう始末。

 

5歳の子供にとって、お漏らしはかなりの屈辱。着替えはあるけどメンタルは私も息子もだいぶやられてしまいました。。

 

蕎麦処に近い町の国道沿いの店で蕎麦を頂くも、滅多に混むことがないからか、GWの混雑に店が対応できず、出てくるのが遅く、従業員のほとんどが高校生。

注文ミス、会計ミス、しょっちゅう器を割る音が聞こえ、帰り際にクレームをつけていく客も多数。

私はクレームを言うのがとても苦手なので何も言わず帰りましたが、食べログ評価が下がりそうで可哀想だったなあ。ちなみに味は美味しかったんです。

 

午前8時に出たのに、息子のお腹を気にして何度も止まったので、午後3時の時点でまだ名寄。(まだまだ遠い。。

本当に夜が更けてから着くんじゃないかと心配で仕方なかった。

義理父母を安心させるために

「大丈夫、大丈夫、もうだいぶ進んでるよ~」と何度も言った。

 

やっとの思いで稚内市内に着いたのは午後6時半。

よかった。。

海沿いの評価が高い日帰り温泉に行きまして、ホッと一息。

この道のりの途中に鹿を多数発見。

北海道をドライブすると鹿に遭遇するのはよくあるのですが、海岸に鹿がいるのは初めて見た。ワカメでも食ってんの?

 

夜にホテルに着いたのは午後8時。

どうやら稚内市で一番高級なホテルだと。


f:id:ruruyasumi:20170519155536j:image

息子とツイン。部屋も広いし、贅沢だわ~


f:id:ruruyasumi:20170519155619j:image

窓からの景色。目の前に稚内駅があります。

山のように見えるところはじつは丘陵。

札幌にいると馴染みがないけど、海沿いに走っているとこういう丘が多数存在します。

 

さて、いよいよ稚内観光に続きます。

ぐっちぐち

花屋さんの仕事なので母の日までは激務、ここ2週間は予備校にも行けずずっと働いてました。

奇跡的に社会人になってから初めてのGWを頂けましたが、義理父母&息子を連れて稚内旅行。旦那も花屋なので毎年休みはないので留守番。だから、つまり私が運転。

むしろ仕事より疲れたわ。まあ、いいけど。

 

2週間全く勉強してなかったけど、どーしても模試は受けたくて、今日午前中お休みを頂いて、模試を受けて仕事に直行。

結果は、まあ、勉強の感覚は忘れてなくて安心したけど、すごく疲れた。

 

疲労&疲労。

本日はクレーム処理&疲労。

 

前の職場に戻って、立場も契約社員から完全にパートタイマーで働いてるにも関わらず、それなりに責任を押し付けられて、ほんっとイライラしたし

私より給料もらってるくせになんでも人のせいにする責任の無い遠方からきた社員にもイライラMax。

 

昔からやってきた仕事だから分かるだろう、と責任を乗せてくる上司にもイライラ。

 

だから、誰よりも給料安いんだっつの。

 

何より責任放棄したいのに、のらりくらりやるつもりだったのに、結局適当に出来なくて真面目にやってしまった自分にも嫌気がさした。

 

回りから見るとみんながキャッキャッと楽しそうにしていたり、雑談してる中でも

交わらず黙々と仕事をする私は嫌な感じに見えただろう。

とか、考えると、もー!いや!ってなる。

 

人にものを頼むのも苦手だから、つい、自分でやって自分の首を絞める。(でも見つからないように、出来てる振りをして大丈夫だからって顔しちゃう)

 

素直じゃないわあ、疲れるわあ。

 

私も忙しいけど、旦那もクソ忙しくて帰れなくて、つまり息子のお世話も一ヶ月くらいずっと私でそれにももう疲れた。⬅こんなママたくさんいるから、私が甘いだけなんだけどさ。。

 

前向きなことを考えよ。美味しいものたべよー。

愚痴でした。

 

終わりがないというストレス

今までフルで仕事のあと、週3二時間だけの勉強だったが、4月以降は午後から夕方までみっちり勉強出来る。

 

仕事は午前で上がるので、ほぼノーストレス。

自分のやりたいように、自分のペースで勉強も日常も過ごせると思い、4月が来るのを楽しみにしていた。

 

実際に4月を半分終えた私はすごーく疲れている。

 

午後からの勉強だって、どうしてもやりたくなかったり、気乗りしなかったらやらなくてもいい。自由気ままに過ごしても誰にも何も言われないのに。

 

私はすごーく疲れている。

なんでだろう。。。

まだこの生活ペースに慣れないのはあると思うけど、多分、仕事をするよりも勉強に疲れているのかもしれない。

 

仕事は、必ず「一段落」がくる。次から次へとやることはあるが「いまいつまでにこの仕事をやる」という明確なものが目の前にあって

この仕事を終えると、少し気楽に過ごせるタイミングがあったり、ちょっと暇な期間があったり(まあ仕事によるかもしれないが)比較的自分で自分の配分を作れて、達成感を味わうまでのタームが短い。

また、やってみたけどどうしても独力では難しい仕事なら、仲間と配分できる。

10を5ずつ二人でやっても10に辿り着ければいいのだ。

 

勉強は、誰とも配分が出来ない。

分けあって、助け合って、100点は取れない。

自分のことは自分で全部の責任があって、その責任を全うできなければ、1年間が水の泡になる。

一緒に勉強する仲間はいるかもしれないけど、その人と同じ終着点に辿り着くわけではない。

 

勉強は自分で区切りをきめれば一段落出来るのかもしれないが、満足できることがない。今日はここまで、と決めても、満点まで持ち込むのには相当な時間がかかる。

終わっても終わっても、帰り道には

まだ足りないまだ足りない

あ、明日にはあれもこれもやらないと、忘れちゃう。これを極めないとあれも忘れちゃう。忘れる前にやらないと、また振り出しに戻っちゃう。

その脱力感と焦りを必ず背中に感じながら予備校を出る。

 

多分これがすごーく疲れる。

 

こんな気持ちになるなんて予定外だったなー。もっとスッキリ清々しい気持ちで

「今日も頑張ったなあ!」

って毎日を終えるのかと思ってた。

全国の受験生、ほんっとすごいよ。

おばちゃんほんとに尊敬する。

 

しかもこれは年齢のせいなのか

毎日同じペースで手を動かしてるせいか

毎日、手首、腕、利き手の右足、腰が痛い。

体までしっかり疲れている。

すっげー疲れてる。

 

仕事に比べると、誰かにストレスを与えられたり、嫌な気持ちになることは何一つない。だから、メンタルはボロボロにはならない。

 

だけど、毎日焦りや不安、追いかけられてるような、そういう自発的な謎の気持ちが湧いてくるから、全く人間ってやつは。。