大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

どの面下げてだよ、まったく。

久々に会社の友人と二人で飲みに行った。

中心部から少し離れた繁華街で。

それがとてもとても良かった。

 

「すすきの」はもはや私が安易に行ける街ではない。

若い人、外国人観光客、ほんの少しのサラリーマン。

それが今のススキノを形成している。

 

私みたいなパートタイマーミドルの入る余地はない。

と言わんばかりにホットペッパーは予約でいっぱいだ。

 

だから、ちょっとはずれの繁華街の居心地の良さに驚愕した。場末のスナックが愛される理由がわかる。

 

とある大衆店でトイレ待ちをした。

男女隣同士の個室トイレの前で、一緒に待った男性がいた。双方酔っぱらっていた。

 

もちろん何もないどころか、私は男性とは全く他の方向を向いている。

 

5年前なら、間違いなく会釈して、ニコッと微笑んでいた私がいた。

これがキッカケで、その男性団体とこのあと飲みに行けた、それは比較的容易で普通のことだった。

 

なのにすっかりババアになった私は男性の方向にすら体を向けれない。

 

そんな自分を、おしっこを我慢しながら客観視していた。

「昔はこんな感じで逆ナンが成立していたなあ~」なんて。

 

今思えば、すげーって思ったけど

酔っぱらっていた若い頃は全てがチャンスで始まりだった。

 

と、同時に、今、横でトイレ待ちをしていた男性が

男性団体で女性が居なかったこと

年齢が同じくらいなこと

服装がラフで、会社飲み会ではなく仲間内飲み会の雰囲気だったこと

 

を、自分がすでに目視していたことに気がついて

「まだ感覚が鈍ってはいないが、全く私はどの面下げてだよ、情けない」

と笑えた。

 

やっと順番が回り、トイレに入ったら

ちょうど生理がきてびっくりした。

 

全く、本能ときたら

どの面下げて。。。

 

でも、ちょっと自分、可愛いと思った。

 

帰ってきて、二日酔いが怖すぎるので

酔いざましのため、明日のクリスマスケーキなために作った↓


f:id:ruruyasumi:20171223033152j:image

初めてだからガタガタだけど

息子はきっと喜んでくれるはず。

 

 

 

 

今年のブーツ

なんだか、毎年ブーツのことで頭を悩ませている気がする。

ドクターマーチンの熱も少しずつ落ち着いてきて、今年は違うものを買おうと。

 

そうなると、真っ先に欲しいのは二つ

 

 ノースフェイスのスノーブーツ

 

 

 

 

  ソレルのカリブーでございます。

 

 

フェミニンとかエレガントとか求めてないんじゃ!

転びたくないんじゃ!

足が濡れたくないんじゃ!

 

 

機能性最重視。

流行ってますよね、どちらも。

ノースフェイスの方が楽に履けそうなんだけど、長持ちや雪道を考えるとソレル。

4000円くらいしか変わらないなら、絶対私は革製品を選ぶ!

 

ということで、楽天セールでソレルのカリブーを買いました。


f:id:ruruyasumi:20171216121427j:image

「相当な重さだろうな」と思っていたが

持った感じ、気になるほどでもなかった。

ティンバーランドや↓

 

 愛するドクターマーチン↓

 

これより軽いんじゃないかしら~!

という印象です。

 

しかしだね、履いているうちに

じわじわ効いてくる底の重み、そして革の堅さによるスネの当たり。ちょっと痛い。

柔らかい革の印象だったんだけど、馴染むまではしばらく気になりそうです。

 

あと、底のゴムがかなり固いので、ハッキリ行って運転には向いてません。思うように踏み込めないので、全く安心できないぜ。

 

で、路面防滑と暖かさについては満足してます。耐水性も。だって、マイナス40℃まで耐えるって書いてるもん、そりゃ暖かいわ。

 

しかし、どこにでもいつでも多様なブーツかと言われると

結構微妙です。

雪国で雪の中をザクザク歩かなきゃいけない環境ならいいけど、歩きやすいかと言われればそうでもない。

雪道を終え、電車にのり、都心へ行き、地下道を歩き、事務所で仕事をするとなると

激しい「これじゃない」感に襲われます。

 

私のように北海道民ならまだしも

これ全国的に流行ってるけど

ほんとに最適か?

 

実際、雪のないとこでお洒落として履きこなすにはリスキーなブーツだと確信。

実生活で「まさにココ!」ってタイミングは

積雪30㎝・気温-5℃・朝6時半の

雪かきしている環境。

ココです。

 

あ、私は満足してるよ。5年は履きたい。

履き潰したら、次はもっとショート丈を買う。

 

 

 

 

 

 

 

新卒がヤバイのかこちらがヤバイのか

先日、友人数人と会った時に、メーカー会社の営業をやってる子(35歳・女・独身)に

「今年の新卒ヤバイ!」って話を聞いた。

あんまりそういうの気にしないタイプの子だったので驚いたが、話を聞くとホントにヤバかった。

例えば

何か嫌なことがあるとすぐに直属ではなく部長クラスの人にパワハラを訴える

営業職として入社しているのに「いつまでこんなこと続けなきゃいけないんですか?」と聞いてくる

仕事が嫌になって、入社3ヶ月で休職。休職中にも関わらず恋人と沖縄に旅行に行っている様子を堂々とインスタにアップ

とにかく、言葉に敏感。ああ言われるのがストレスなんです、こういう言い方が辛いんですを普通に伝えてくる

そのお陰で、むしろ既存の社員が、新卒に振り回されて病んできてる

 

など。

いやあ、そりゃ大変そうだな。。

私の部署にも新卒ちゃんがいる。その子はまあ普通だし、賢いので仕事を覚えるのも早い。他の部署に配属された新卒だって、至って真面目だから、

「みんながみんなそんなわけじゃないんじゃなーい?」と軽く聞き流していた。

 

が、採用から半年。うちの会社にも新卒ちゃんの余波が流れてきたらしい。

ちなみに私の部署の子は至って普通だと思う。

気になるのは体が弱くて一ヶ月に二日くらいは病欠する。のは、まあ、今時だなって思うことと、やたら、大学時代の1つ年下世代を「甘ったれ世代」と言わんばかりに罵る。

 

おばちゃんからしたら、一緒やで~

と思うけど、確かに学生の頃は年が1つ違うだけで、全く考え方が違うと思ってたからなあ。

 

しかし他部署でとうとう新卒ちゃんが潰れた。

ある日突然一ヶ月の休職だ。普通だと休職には医師の診断書が必要とか、親の介護とか、まあ、懐妊とか、大義が必要だと思うが聞いた話だと、仕事で病んでしまったと。

うん、あるあるだから、まあ、それはいい。

一ヶ月ゆっくり休んで今後どうするかを決めるのはいいんじゃないか。(私なら辞めるけど)

しかし、その子が2ヶ月目の休職に入った。

それは・・どうなんだろう。診断書を書いてもらうなりしないと、会社だってはたらいてないのに給料払ってんだからさ。バイトだったらクビだけど。。

 

むしろ、そうなっちゃうと、もちろん誰も引き留めないし、現場の本音は「別の人を雇うから辞めてほしい」

冷たいようだけど、これが現実だし

復帰したあと、自分が辛くないかしら。

回りが果たして今までと同じように接するかしら。。

 

私は、同世代の友人の中でも際立ってポンコツな人生を歩んでいる。転職歴は片手では収まらない。

だから、人の仕事にとやかく言う筋合いは全くないのですが、とにかく嫌な仕事だと判断したら即決して「辞めます」を言ってきた。

続けることも勇気だけど、辞めることも実は相当な勇気が必要なのだ。

辞めますと言ってからも「もう来なくていい」と言われるまではキッチリ期限まで働いた。

「ああ、この職場ともあと一ヶ月でオサラバかあ~」と思うと不思議と仕事が楽しくなるし、名残惜しさまで沸いてくる。

 

雇う側にも都合があるから、辞めるなら辞めると早く伝えてくれれば、引き留めるにも、承諾するにも、それなりに先を見据えることが出来るのだ。

 

そっかあ、今の子は「休職」というタチバ立場を取るんだなあ。

そいやあ、メーカー営業女がもう1つ言ってた。

「今の子の鬱って、仕事だけ鬱なんだって。プライベートは全く充実してて、楽しくしてても仕事中だけ鬱になるらしいよ。」

 

 

なんじゃそりゃー!

え、いや、私もだ!

私も仕事だけ鬱だ!休まないけど休まないけどね。

それで会社は休職を与えるんだ。

ちょっと羨ましいなあ。

 

若い子の中では「休職」ってトレンドなのかもしれない。

過去に転職歴アルー?くらいのノリで

過去に休職歴あるー?がスタンダードになるのかもしれないなあ。

 

なかなか厳しい現実に悩まされる大人がたくさんいるだろうが、でもさ、でも

うちの可愛い可愛い息子が就職して仕事辛いって言ったら私はどうすればいいかなって、考えたらさ。

休職したら、とは絶対言わないな。

誰のためにもならない気がする。

親の立場でそう思うんだから

やっぱり若い皆様は自分で判断して

休職を選択するんだろうな。

それも1つの勇気かもな。