読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

憂いてしまうお年頃

 

 

私は30代淑女にしてはどうやら前向きな方。

もともとある性格のせいでもあるんだろうけど。

一体、どんな考え方に違いがあるというのだろう。

 

今日、別の友達と話をしていて

「嫌なこととか、後悔とか、自己嫌悪とか、思い出さないようにしてたら、楽しいことも思い出さないようになってたわ」といっていた。

 

ああ、そういえばそうかも。

20代の時は、すぐに楽しかったことに記憶が舞い戻って

「楽しかったなあ!楽しかったなあ!」とその思い出だけで前向きになれるんだけど

歳を経ていくうちに

楽しかった思い出を思い出す時、

その前後関係にある、嫌だったり辛かった記憶も、必然的に呼び戻してしまうから

ついつい記憶を探ることを辞めてしまうのかもしれない。

 

楽しかった過去の話は、次第に会話のなかでもなくなり

今日この瞬間の感情の話が多くなると

すっかり「防御態勢」に入ってしまった30代では

心から楽しい瞬間を生み出すことは、なかなかハードルの高いことかもしれない。

 

振り返って幸せを噛み締める年ごろは終わった。

だから、平坦な現状をつい憂いてしまう。

 

じゃあ、どうすればいいのかなっておもうと答えは一つだけで

 

過去に楽しいことを思い出せないなら

もう未来に楽しいことを妄想するしか、楽しいことはあり得ない。

 

私は、いま勉強が楽しい。

 

もっと言えばきっと「勉強」そのものが楽しいわけじゃないのかもしれない。

苦手だった科目を一から振り返るのは本当に疲れるし、あまりにもわからなくて呆気にとられることもある。

 

でも、試験に受かったら、という妄想をすると、ものすごい希望に溢れる。

あの仕事をしてみたい、こんなことをやってみたい、というキラキラしたものから

「収入がだいたいこれくらいになる予定だから、あの銀行には○円積み立てをして、あの保険には○円積み立てをして、金利が○パーセントだから10年後には・・・」と具体的に調べてニヤニヤしたり

その積立金で、あの憧れの外車を買おうとか、そんなことを考えるだけで勉強が楽しくなる。

 

もっと言えば、「試験に受かったら、お父さんが100万円くれる!!」←わけないんだが・・・

と、勝手に妄想する。楽しい。頑張れる。

 

モチベーションとはちょっと違う。

事実に基づかなくても、事実が目の前にあるかのように妄想するだけで、すべてが楽しくなるから不思議なんです。

 

「なにか素敵な出会いや恋があるかも・・・」とすら妄想している。妄想ですから。

 

本当の前向きは「明るい性格だ」とか「意識高い系だ」とか 「ポジティブだ」とかそういうことではないのかもしれない。

ちなみに私は根暗で、自意識も低く、自己啓発も下手。第一印象はたぶん良くない。

 

もっと言えば、金もないし、デブだし、ブスだ。根性もない。

さらにもっと言えば、、、もういいか。

 

でも、30代の今が一番楽しいし、幸せだと思う。

 

すべては培ってきた「妄想力」が私の現在を作ってる。

30代の今こそ、10代のような、キラキラしたバカみたいな妄想が必要だと思う。

 

20代は、行動力と瞬発力。

30代は、妄想力一択。

 

私は、自由よーーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底抜けの青春と性(若気至り編)

若いとき、ほんのり風俗嬢をしていました。

東京都川崎市で。

当時は彼氏と一緒に暮らしてました。

 

風俗嬢と一緒に暮らしてる男なんて

どんなヒモ彼氏だと思われるかもしれませんが。

彼は全くそういう人じゃなかったんです。

 

そもそも彼に言わずに勝手に自分の意思で始めた風俗の仕事。

 

当時、私は20歳で彼は25歳。

彼は、岩手から専門学校のために上京して、卒業後、東京でコンサートなどの舞台の音響の仕事をしていました。

気が弱くて、体も小さくて、ガリガリで、とにかく優しくて、今思えばちょっとオネェな感じの男の子。

 

多分付き合ったのは私が初めてだった。そんな純粋な男の子でした。

 

彼は社会人として要領がいいタイプではなく

いつも朝6時に出掛けて、夜10時くらいに帰ってくるのですが

とにかく毎日のように先輩にイビられては落ち込んで帰ってきていました。

泣いてたこともありました。

 

神奈川県相模原市橋本駅から徒歩30分くらいかかる場所の小さなアパートの6畳一間4万円の家に暮らしていて、私がそこに転がり込みました。

 

給料も安くいつも貧乏そうで、

反対に、私は大金を収入として得ていたので、いくらでも生活を工面できましたが

一切生活費を要求されたことはありませんでした。

彼なりに生活費は自分で遣り繰りするという強い意思があったので、私はたまに洋服や鞄をプレゼントしてあげたり、安いチェーン居酒屋でご馳走してあげたり、その程度しかしていなかったように思います。

 

私はお客様に一日中提供する仕事を終えたあと

約一時間掛けて

終電で川崎から橋本駅に帰り

夜12時45分、必ず駅に自転車で迎えに来てくれる彼と

二人のりで家に帰り

毎晩、仕事で使い倒した体を浄化するようにセックスをして眠りについて

朝、寝惚けた私がまた求め

彼が仕事に行く前の6時からセックスをしてベッドの中で彼を見送る。

 

そんな生活をしばらくしていました。

 

当時は性欲も、感覚も、全てがぶっ壊れてて、自分でも何が間違いなのかろくに判断できず

彼に一方的に切れたり、無茶苦茶言って

それでも一向に怒らない彼にまた腹が立ち

なんでかそれをまたセックスでぶつけまくって、泣きながらセックスしたりして。

 

一体何がしたかったのか、今思い出しても

断片的にしか様子が浮かばず、今だったら考えられないような、とりとめのない日々。

 

 

ただ、すんごい青春していたから、すんごい幸せだったなあって思います。

 

私はそのあと川崎の近くで一人暮らしを始めて、違う昼間の普通の仕事を始めて

 

その彼とも別れたりヨリを戻したりして

結局北海道に私が帰ることになり

そこで関係は終わってしまったんですが。

 

 

 

自分の息子が私みたいな女と付き合ったら、発狂しそう。

 

今もし彼に会うことがあるならば

青春の代償として100万円くらいプレゼントしたいくらい、申し訳ない。

 

幸せになっててほしいなあ。。

 

やっぱり女子はタラレバなのか

タラレバ娘

興味あるんですが、見る暇なくて結局一回も見てないんですよね。キャストも好きなんだけどなあ大島優子かわいい。

 

今日は同じ臨時職員の女の子と二人で飲みに行きました。

結婚を視野に入れてる男性(歳上30代公務員)がいるようですが、どうにもなかなか進みがよろしくないようで。

 

不満はあるけど、我慢をしてる、でも不満。

ふーん、じゃあ別れちゃえ!

 

でもこの人を逃すともう結婚出来ないんじゃないか。

ふーん、じゃあ結婚しちゃえ!

 

向こうから言ってくる素振りが曖昧でハッキリしない。

ふーん、じゃあこっちから結婚したいって言っちゃえ!

 

やっぱり向こうから言ってもらいたいけど、ハッキリしない人で。

ふーん、じゃあ子供作っちゃえ!

 

順番は守りたいから、、、

ふーん、じゃあ一緒に暮らしちゃえ!

 

結婚するまで、同棲とかはちょっと。。相手は家事ができないし、同棲となると家事やお金を折半とか、無理そう。

 

ふーん、、、、、

(そいつと結婚しないほうが絶対いいわ)⬅心の声。

 

悩める女心ってやつですねー。

結婚する前ってこんな感じだったかなあ。

結婚しちゃうと、どーでもよくなるもんだけどまあ、結婚してから更に不満は募るだろうなあ。

 

我が家は先日旦那が出張先の街の「相席や」に取引先と一緒に言ったことを話してくれました。

 

くそっ!先越されちまった!あたいはまだ未体験なのに!

 

で、で?どうだった?収穫は?

 

「いやー、ブスばっかだったわ!」

あらまあ、あんた自分の嫁を差し置いて、なんて失礼なやつだ。夫婦で鏡見に行くよ

って言って二人で鏡の前で

「あ!ブスが家にもいる!カーッカッカッカッ」

と笑い会いましたよええ、夫婦なんてそんなもんですよ。

 

兄弟であり、親子であり、友人であり、恋人ではない。それが夫婦!⬅完璧な持論だとおもう。

 

私たちは比較的若いうちに結婚して

お付き合いして半年で入籍したので

まさに勢い以外の何者でもなく

だから絶対的に結婚なんて「勢いだ!」

って思いがあるんだけど

 

相手がいても、ある程度年齢を重ねることによって

その「勢い」がなくなり

助走しないと走れなくなり

いつしか走ることをやめ

立ち止まってしまうのではないか。

 

旦那と30代で知り合っていたならば

私たちは結婚していなかったかもしれない。

 

結婚が全てじゃない

むしろ結婚なんて、全然全てじゃない

やり直しも利くんだから

冷静にならず、情熱だけで

「とりあえずyouたち、結婚しちゃいなよ」

って思う。

 

ああ、あたい、今年で30代後半に入るんだな。