大人のうる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「うる」のずる休み推進日記です。

とにかくプレゼントしたい夫

今年は結婚して10年だった。

 

私はそんなに気にしていなかった。

(というか、金がかかることはしたくない)

夫は記念日や母の日、誕生日には必ず花束をプレゼントしてくれる。いつも何か買ってあげると言われるけど、なんとなくスルーしてきた。

花束にはお手紙まで添えてくれて、私は嬉しくてそれだけで大満足なのだ。

 

たまたま今年の結婚記念日は夫が出張だったので何事もなくスルーした。

 

友達夫婦は記念日に、二人で高級ディナーするって決めてるんだってぇ~いいなあ~

なんて旦那に言ってみたりすると

じゃあ、予約しよう!

と、すぐに返してくれるけど

 

冗談冗談!お金もったいないよ~!

と、私がひるんでしまう。

 

結婚記念日から、半年ほどたった昨日

「俺、やっぱり、うるちゃんにはちゃんと記念日のプレゼントしたい。五万くらいでアクセサリー買おうよ」と言ってきた。

 

私「えーっ!五万円も使っていいならダウンコートと下着がほしーい!」

夫「そういうんじゃなくてさ、チマチマ色々買うんじゃなくてさ、一つ五万のものをさ。」

私「じゃあ、五万円のダウンコート一枚ほしい」

夫「そうじゃなくてー、ダウンコートは冬しか使わないだろ?毎日身につけるようなさ」

私「え、じゃあ、カバンがほしい!」

夫「そういうことじゃなくてー・・」

私「アクセサリーをプレゼントしたいの?」

夫「そう。」

 

私は独身の頃アクセサリーが大好きだった。指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット、つけれるものは毎日つけて仕事に行っていた。

でも、子供を産んでから、全くつけなくなった。唯一結婚指輪だけ。

出産してから、体質も変わって、安いシルバーのアクセサリーは肌がかぶれるようになって、ピアスすらも耳が痛くなる。

 

私「私、アクセサリーもう体が合わないよ、かゆくなるもん」

夫「じゃあ、プラチナのやつ買えばいいじゃん」

私「高いよ、もったいねー・・」

夫「俺、そういうのに、ちゃんと金をかけることはいいと思うんだよ。頼むから買おうよ」

・・・このアクセサリーに対する執着は一体なんなんだろう。

あまりにも、ゴリ押しするので、逆に浮気でもしてんのか??とすら思った。

 

アクセサリーを毎日身につけてもらいたい心理が全くわからん・・

 

ちょっと古いタイプの男だから、アクセサリーがプレゼントの王道だと思っているのか

 

すっかりアクセサリーをしなくなった嫁に女を意識した毎日を過ごしてほしいのか

 

自分がプレゼントしたアクセサリーを身に付けさせることによる支配欲?なのか。。

 

むむー・・わからん、わからんぞ・・

 普段から、私は浪費家ではないけど、あんまり我慢もしてない。服とかも普通に買うし夫に「みてみてー!似合う?」なんてファッションショーを勝手に開催する。

でも、そのたびに「どこで買ったの、いくら?」と聞いてくるから

「実はしまむらで1980円!見えないでしょ?」とかいうと、

「もっといいとこで金をかけて買えよー」

と、逆釘を刺してくる。

えー、安くてかわいけりゃ一石二鳥じゃん。

 

「嫁が安いものばっかり着てるのがいや。みじめな思いをさせてるみたいで、俺がいやなの」

と言う。まあ、その心理はちょっとわかるんだけど、みじめじゃないんだけどなあ・・毎日楽しいっすけど。

 

その気持ちの延長に、アクセサリーがあるのだろうか。

お金持ち夫婦にとっては、五万なんて安いもんかもしれないけど、私にとっては、五万もあれば家族で旅行にいけるし、新しいテント買ってもいいし、焼き肉は5回も行けちゃうし、夢が広がる金額なのだ!

 

家族で使おうよー!と言ったけど

それはそれで別。と言われてしまった。

 

ううーん、わからん。ほんとにわからん。

五万も使って欲しいものがないんだよ。一万くらいならたくさんあるんだけどな。

 

だったら、いっそ旦那のほしいもので5万円使ってみたらどうだろう。

その方が夫婦にとって幸せな気がする。

でもそれはダメって言うだろうな。

 

10年たっても、やっぱり、夫婦はわからない。

 

 

 

 

 

 

 

第3夜 4か月で-13㎏のダイエットに成功した!!

さて、ダイエットに成功した自慢も第3夜目となりました。

今日はダイエットによって変わったこと、変れたことを書いていこうと思います。

 

1☆頭痛が無くなった

 高校生の時から、慢性的に突然やってくる頭痛に悩まされて、常に「EVE QUICK」

がないと生活できなかった私。運動のおかげか、完全に脱却しました。

 

2☆肩こりもなくなった

仕事を辞めたのもあるでしょうが、これはフィットボクシングの影響が大きい。

フィットボクシングのレビューなんかを見ていると、痩せたことよりも肩こりが改善されたことの報告が多い。背中と肩を意識的に動かすって、日常でなかなか無いから効果は絶大です。

 

3☆足底筋膜炎がなくなった

太りすぎにより、足の裏の筋がやられてしまって(土踏まずの所)その影響でかかとから足裏までが常に痛い。歩くと痛いし、歩いてなくても立ち上がった瞬間から痛い。

この状態を1年半我慢してました。こうなると、いよいよ歩くのも嫌になり、さらに運動しなくなって太る一方だったのですが、痩せたら治るという情報をネットで見て、痛いながらもインソールでごまかしごまかし運動していたら、今はすっかり無くなりました。

 

4☆食べることにポジティブになった

意外ですが、もともと食にはあまり興味なかったんです。炭水化物で生命繋ぐみたいな人間。ダイエットを始めたことで、無駄な食事をしなくなったせいか、野菜や果物のおいしさに感動することが増えました。あと、あんまり食事制限にも執着しなくなりました。食事制限だけでは痩せないことが分かったもんね。むしろ食べ過ぎても「さ、運動するべかーーー!」と、食べたいときはちゃんと食べる、美味しいものを、というスタンスになりました。

 

5☆ユニクロ、H&M、しまむらなどのプチプラ服のサイズが下がった!

これは、本当に大きな変化でした。今までそもそもちゃんとした洋服屋さんではサイズがなくて、サイズ展開が豊富な上記の洋服屋さんでしか服を買えなかった。

そこでも、常にレディースXLサイズ。ダボダボの体型隠し服。

これが、レディースLサイズ、ものによってはMサイズまで入るようになりました。

そして、禁断のタイトスカートや、タイトニットに手を出すまでに成長しました。

お洋服って、楽しかったんだなあ・・・・・。

 

6☆性欲は・・・・?

そもそも、デブって性欲強いと思うんです。(自論です)

デブのわりに、ちゃんとそういうお相手がいたりするじゃないですか(自論です)

やせ形の素敵な人って、あまり性の匂いがしないというか(自論です)

だから、私も性欲落ちちゃったらどうしよーーーーー☆なんて思ってたんです。

 

性欲は、落ちました。

いや、落ちましたというより、性欲より体作るほうに目覚めてしまって

セックスよりも、「見て!こんなに変わったよ!」って意味で脱ぎたがり屋になった気がします。

とはいえ、まだまだ人様に自慢できるような体型じゃないので、前の私をよく知ってる人に見てもらいたくなって、その結果エンジョイすることが出来てしまったり。

 

オナニーの回数は、減ってもいないけど(いないんかい)

アダルトビデオ見てると目線が変わりました。

エロスというよりもAV女優の女の子達を見て、純粋に憧れるようになりました。

グラビアと違ってAVって、体のラインや特徴を動いてる姿を見て実感できるので

あーーーこの子のこの体位のこのラインは素晴らしいな、お尻の程よい形と、媚びすぎていないウエスト、そして騎乗位のおっぱい揺れからの、隙間からたまに見える鎖骨!sakotsu !

 

とか、そんなんばっかり凝視するようになって、テーマ性を帯びたAVを見なくなりました。

ほんっと、AV女優様たちのお体って神々しいです。痩せてるだけでもなく、おっぱい大きいだけでもなく、筋肉質でもなく、魅せるためにどんな努力してるんだろう、本当に。

着衣AVは見なくなったなあ。刺激が少ない気がしちゃって・・・。

 

ダイエットによって変わったことはこれ以外にも多々あります。

苦しかったけど、本当にやってよかった。

ちなみに、13キロ減ではまだ、全然ゴールじゃありません。

ゴールは20キロ減です、あと7キロです。

ここにきて、油断の1キロリバウンドをしているので、また3月までにどうかあと6キロは減らしたいところ。

 

運動して、プロテインのんで、いい食事をして、かわいい服を着て、たまにセックスして、オナニーもして、頑張って目標達成したいと思います!!

 

アクセス数増えました☆

昔のように、また、エロネタ解禁しようかな・・・・。

パンドラの箱、悩み中・・・。

 

 

 

 

第2夜 4か月で-13㎏のダイエットに成功した!!

 

昨日は、痩せるためにまずはやったことをツラツラと書きました。

金を掛けない、自分と向き合う、とりあえず、やれることは全部やってみる・・・

 

 

その他、ピンタレストというピクチャーアプリで

「ダイエット ビフォーアフター」で検索すると

いろいろな人の体の変化が見えるので、モチベーションを維持したいとき、お腹が空いて眠れない夜などに携帯に穴が開んじゃないかってくらい見てました。

 

特に外国人がすんごい。

アフターの激変もすごいけど、そもそもビフォーがすごい。

やっぱ、大陸で生きてる人間は、ちげえわあああ・・・。

 

 

 

Pinterest

Pinterest

 

 

さて、4か月でどれくらいのペースで変化があったのかを書きます。

体重は今更ながら、書きたくないので、なんかで黒沢かずこさんの体重を調べてみてください、といいつつ、今調べたら、

黒沢さんより、大島さんのほうが断然近かったぞ、私・・・・。おやかたーーーー・・・・・

 

それではいってみよーーー!!!

 

6月6日→7月6日

体重 -6.6㎏

体脂肪率 ー3.9%

 

7月6日→8月6日

体重 ー2.9㎏

体脂肪率 -2.0%

 

8月6日→9月6日

体重 ー2.5㎏

体脂肪率 -1.2%

 

9月6日→10月6日

体重 ー1.3㎏

体脂肪率 ー0.5%

 

こうやって見ると、やはり最初の一か月はすごい!!

って思うんだけど、当時は「こんなに頑張ってんのになんでこれしか減らんのよ!!」

と、イライラしてました。

本気で一か月で10キロ落とす気持ちでやっていたので、悔しくて悔しくて

ちゃんと減っているのに毎晩

「ダイエット 効果 いつから」

とか

「ダイエット 何か月 結果」

とかそんなことばっかり調べてました。

もともとが大きいですから、テレビとかで1か月で10キロ痩せたりする番組見てると

自分の努力はまだまだストイックではないのか!!と悶々。

 

なので、心も折れそうになる。

二か月目になると、ちょっと自分にも甘さが出てくる。

外食に行ったり、辞めてたお酒を口にしてみたり。

あっさり、リバウンドの道へ進みそうな予感がプ~ンプン。

 

 

一か月、頑張って食事を自制したり運動習慣を身に着けていると、自然とそのペースに

体や心が戻りたくなるもんです。

なにより、頑張った運動習慣をやめることが勿体なくなりました。

 

「食べるのはいいや、あんまり我慢しない、体脂肪率をもう少し真剣に考えよう」

そう思って、運動はとにかく続けました。

当時は仕事せず、完全に主婦だったことも良かった。

 

朝起きて、子供を学校に送り出す。

10分間のサーキットトレーニングする(マッスル系youtuberの動画を見てやってました)

フィットボクシングを45分やる

 

自転車で「隣町の」体育館へ行く。

あえて自分の町ではなく、自転車で30分かかるとこに行くんです。

市民体育館で、マシーントレーニング30分、ランニングマシーン30分

自転車で帰る

すでに死にそうなくらいヘトヘト。昼寝

そのあとは、普通の日常。夕飯作ったり、だらだらしたり。

 

 

 

朝一番で10分程度の運動をこなすと、アドレナリンなのかドーパミンなのかわからないけど興奮状態になって、

「まだできるぜ」モードに入る。

こうなれば、こっちのもん。

朝一で、ながーくハードな運動をすると、そこから先は

疲労感で何も出来なくなるので、あえて10分程度の運動で体を動かす。

 

そこからはハードモードの運動をしてもそこまで辛くないです。

頭の中が無双になってるから。

 

この朝一10分運動をさぼると、逆に一日なーーーーんにもしたくないモードになり、

無駄な一日を過ごします。例→アイス食う、菓子食う、夕方までスマッシュブラザーズする、水曜どう見まくる、ドラゴンボール全巻制覇など

 

どんなに辛くても朝一10分運動をすることで一日のコンディションは劇的に変わる。

 

ちなみにこの10分運動は、ラジオ体操でもいいと思います。

 

むっちゃくちゃ真剣にやること!

ラジオ体操、真剣にやると、結構きつく、いい汗かけます。

腰や肩をこれでもかってくらい、グルングルン回し、むりやりでも屈伸やストレッチで関節を伸ばし、ジャンプはリズムの回数の倍を飛ぶ。

 

ああん・・ラジオ体操って、むちゃくちゃ気持ちイイ、やだ、チョット、なにコレエ・・///

と昇天できます。ほんとだヨ。

 

 

今日は、4か月のダイエットでの心と体の変化を書いてみました。

次は、性欲の変化でも書こうかな・・・☆

いや、そんなに広がんねーな。