読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

お金がないから、、どうする?アレしちゃう?

私が今月から突如禁煙を始めたのは単純にお金がなかったから。

 

予定額よりクレジットカードの支払いが増し増しで、旦那に一万円おねだりしたところ10日までに禁煙できたらね、という条件だったから。

 

今日がその10日で、無事一万円ゲットしたし、このまま禁煙を続けようと思う。

前途のように、現金がなかったので、今月ここまでポンコツ上司(44歳♂)からの昼飯外食の誘いは3度断っている。

わかっている。上司は私と似たような体型で、つまり、食事の趣味もスピードもほぼ一緒。

長い付き合いながら、気も合うので会話も楽しい。

このポンコツ上司は、とにかく私と食事に行きたいのだ。

る「明日、支払いしなきゃいけないんで、それが終わらないと易々と昼飯に金かけていられないんですよ、お弁当作ってきました」

上司「なんだよ、いくら足りないの」

る「旦那から一万円貰う予定です」

上司「つまり一万円足りないのか

る「まあ、、それくらいです」

上司「わかった、俺がかしてやる。返すのはいつでもいい」

私は知っています、彼のお小遣いが月に三万円だと言うことを。

どんなに私が今月金が無いと嘆いても

勤めて6年、一度もこんなこと言ってきたことはない。

なのに突然一万円を無期限に渡貸すだなんて。

る「こ、恐い。目的は、なに?」

上司「いいから、貸してやる」

る「いいって!旦那から明日貰えるんだから!」

上司「遠慮するな、貸してやるから」

私も恐くなってどうにか阻止しようと、思っていたことが不意に口から飛び出ました

る「要らないですって。あんたみたいに40にもなって新築一軒家建ててローンで苦しんでる家計と我が家は違うんです。うちは旦那のバックに実家の資産があるからお金には困ってないんです。(ちなみに嘘です、盛ってます)旦那に言えばすぐにお金は出てくるんです!そんなあなたのはした金なんて、要らないんです!」

 

 

上司「、、、、、もう、いい。」

 

ただ、昼飯に一緒に外食行きたかった、それだけだったんだろう。

私も酷なことを言ってしまったと思いましたが

お金の貸し借りはトラブルのもと。

絶対にやってはいけないし、

そもそも昼飯くらい潔く

「ご馳走してやるよ」と言ってくれればいいのに

「ご馳走」はしたくないっていう意志がしっかりしているところが

なんとも

これからも長い付き合いになるんだろうなと

思いました。

 

ちなみに今日の話には落ちがあって。

無事カードの支払いが終わった勢いで

北海道のソウルフード「串鳥」で

4750円の支払いをなぜか私が。。

カード支払いで。


f:id:ruruyasumi:20160810225903j:image
f:id:ruruyasumi:20160810225913j:image

今度昼飯奢るってさ。

なんだか、全く腑に落ちない。。