大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

今日のランニングから考える

今日は4.3㎞のランニングの間に歩いたのは一度だけでした。一昨日は三度だったので、このペースでいけば来週には、オールランニングで行けるようになるかな?るんるん??

 

走っていて気がついたのは、一度休んでしまうと、次に走り出した時はすごく苦しいこと。

一度合わせた呼吸を休ませて、また走り出して呼吸を合わせ直す作業までにバテてしまうこと。

多少辛くてもペースを緩めて走る方がいい

 

初めはすぐに呼吸が苦しくなるが、ある一定の距離を越えると急に呼吸が楽になる。止まるキッカケは呼吸じゃなくて、足の疲労。

 

などなど。

30分走ってると色々なことを考えて。

あれ、あんなに嫌だったランニングをなぜ楽しめているのかな私。

 

そもそも、毎日自転車で往復7㎞通勤で走ってるし、ウォーキングも嫌じゃない。

 

運動は嫌いじゃないはずなのに。

 

そうか、煙草を吸っていたから

「そもそも呼吸が続くわけないし」って諦めの気持ちからランニングを嫌がってたんだな。

煙草を止めたから、じゃあ走ってみようかなって気持ちになれたのか!!

 

煙草は大好きだったから

「百害あって一利なし」とまで非難はしませんが

煙草を止めると利は、3つか4つ増えるかな?

 

あと、ランニングに心掛けていることは

 

なるべく体型が分かる服を着るようにしてます。

理由があります。

早朝なので車はまばらですが、それでもたまには車が通る。

 

そのたびに自分の恥ずかしい体を晒してると考えるのです(妄想です)

「ああ、あのだらしない体の女性はああでもしないと痩せられないんだな、可哀想に」

と、ギャラリーに思われることを目的としています。

 

こんなに早朝から車を飛ばして働きに出る方々は「作業着系」の仕事だから(妄想です)、きっと屈強な体の持ち主達に違いない

 

彼らから見たら私の体はどれほど情けなく醜いものだろう

 

いつかその方々が、朝、私を見掛けたときに

「お、痩せてきたな」と思わせるようにしてやる

 

今は恥ずかしい気持ちで早く走り抜けたい気持ちでやっているけど、いつか堂々と美しく走るのだ

 

冬になる頃には見せつけるように、下着で走れるように頑張ろう!➖5℃くらいだ!はっはっは!

 

妄想です。

妄想が私の体を救うと妄想することが

ランニング中の幸せだったりするの。