読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

Facebookをやめてスッキリ

Facebookをやめて本当に良かったなあと思う今日この頃。

 

このblogの存在が今は私にとって大事。

 

そもそも更新をパッタリやめていたからその点、やめたことをあまりみんな知らないみたい。それも良かった。

 

暇なとき、ついつい見てしまうFacebook

確かに興味ある内容もあるし

みんなの近況が知れるけど

 

みんなの本音はやっぱりわからない。

 

みんながどういうことで

「誉められたい」のか

「羨ましがられたい」のかは

よく分かる。

特に、女性。

 

これは自分も本当にそうだった。

いいもの買ったとき

キレイにしたばかりのお部屋

ビジュアルがいい料理

外食

プレゼント

ちょっと遠出した風景

 

息子がうまく描けた絵

うまく作れたブロック

うまく笑えた笑顔

 

もともと写メを撮るのがうまくない私。

撮るのがあんまり楽しみじゃない。

どちらかと言うと、文字を書くのが好き。

 

長い文章を書くと最後まで読んでもらえないなあ

と、思いながら何度も文字を短縮したり

ちょっと人によっては嫌味に聞こえるかな?

などと、イチイチ確認して

投稿するFacebook

 

あたし、そんなんで

誰に読んでもらいたかったんだ?

私を、どう見せたかった?

 

また、

自分もそうだったけど

本人のいないところで

「そいやあ、最近○○ちゃん、○○なんだってよ」

っていう、下らないネタをFacebookから拾うのも、もう嫌。

そのネタをつまみにしか会話が出来ない友人はもはや、友人でもなんでもない。

 

自分もきっとネタにされてただろうし

そういうときって、いい話なんてしない。

 

知らなければいいこともたくさんあるし

知ったところで、行動に移せることってどれだけあるのかなあ。

 

ここ数日

「税金とか経理とかそんな仕事がしてみたいなあ」なんて

アッサリ現在の仕事に感化されちゃって。 

 

色々調べてたら

「ああ、簿記が必要なのか!」

と、思って簿記の資格を取ろうかなと本気で思った時に

ふと、Facebook

「簿記の勉強する!」みたいな文章を投稿してる自分の姿が浮かんで。

 

それに合わせて

「るるちゃん、偉い!」

バイタリティーある!」

「頑張れ!」的なコメントをくれる人まで想像できたんだけど。

 

まだ始めてもいないくせに

どっかで誉められたいのかなあ

いい年こいて、情けないと

思っちゃった。

 

実際勉強しても

試験に落ちたら恥ずかしくて

Facebookには投稿できない。。

慰めコメントすらも想像出来るが

想像したくにゃい。。。

 

それなりに

Facebookに依存していただけあって

 

思い返しも、それなりに

深い。

やっぱり個人が特定されるSNS

取り扱いが難しい。

無駄に勝手に自分で作った闇が

深くなる。

 

あぶにゃい。

やっぱり、Facebookをやめてスッキリ。