読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

サスペンスは好き、ホラーは苦手

15分しか時間がない!

みたいな環境で本を買うのが結構好きです。

 

カバーの絵と帯の紹介文だけで

インスピレーション。

 

昨日、その感じで本を買って

一日で一気読みしちゃいました。

 

リカ (幻冬舎文庫)

リカ (幻冬舎文庫)

 

女ストーカーの話。

段々追い込まれていく男性の姿や

豹変していく女の姿は

おぉ、ザワザワするって感じで

ドキドキしながら読み進めました。

 

恐怖や狂気は、じわじわから

一気にどっかーんみたいなのが好き。

 

私の文才の無さ⬆

表現がどっかーんとか

ザワザワとか

小学生か。

 

そんな文才のない私が

本の感想を述べるなど、おこがましいにも程があるが

 

最後まで読むと

「あれ、これサスペンスじゃなくて、サスペンスホラーか?」と思って

 

Amazonの感想を読むと

「ホラー好きな人には物足りない」

というようなレビューがあって。

 

ああ、ホラー要素もあったのか。

ホラーはどうしても、フィクション感があって、私は苦手。

あえてホラー要素を入れることで、狂気をマシマシに表現したのかもしれないが、

そもそも叙情的な考えに乏しいわたくし。

物語を読むとき

2次元程度の物指ししか持ち合わせていない私にとっては

ホラーは、オチもスッキリすることがあんまり無いので・・ふわっとしちゃいます。

 

しかも、怖くて眠れなくなっちゃったじゃねーか!

ちゃんとそれはそれで感化される私もいる。

 

ストーリーは

すごく分かりやすいし

登場人物も少なくて

専門的な内容でもないし

誰にでも起こりうるような。

読みやすくて進む進む。飽きないです!

ドキドキもするし

ヒヤッともするし。

ただ

最後がホラーで終わるのが

どうにも・・。

どうせスッキリしないなら

宮部みゆきを読みたくなりました。

 

今日、また、少し時間があるので

何を買おうかな。