大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

やっぱり買いました

宮部みゆき

 

「好き」ではありますが

実はあんまり読んだことない

宮部みゆきさん。

 

「理由」「火車

しか読んだことありませんでした。

 

火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)

 
理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)

 

 独特の坦々とした感じが好きです。

ちなみに「模倣犯」は

中居くんが出ていた映画を先に見てしまったのですが

最後が

「えっ?はっ?えっ?はっ?」

ってなってしまったので原作はまだ読んでません。

レビューを見る限りでは

「えっ?はっ?」

って感じではないみたいなので今は読みたいです。

 

 

今回買ったのは

 

楽園 上 (文春文庫)

楽園 上 (文春文庫)

 

 上巻のみ買ってしまった激しく後悔。

今まで読んだ作品よりは

坦々とした感じはなく、ちょっと感情に触れるというか、涙ぐんでしまうシーンもあったりでした。

止まらず一気読み。

 

 

本の感想を書きたいけど

己の語彙力の無さに絶望しているので書けない。。

 

Amazonレビューなんか見てると本当に皆さま、レビューを書くのが上手い。

特に本のレビューは

本を読まなくてもレビューだけで一冊読んだ気になるし、やっぱりその本が欲しくなる。

 

感想文を書ける人、超尊敬します。

 

人をその気にさせる文章を書けるってだけで

もう小説家じゃないか!って思う。

しかも、バックボーンは目の前の本のみ。

いわば、活字だけ。なのに。

 

自分の文章の哲学を持っているんだなあと

思わされることもしばしば。

レビューだから多少の我の強さはご愛嬌として。

 

小学生んときちゃんと真剣に取り組めば良かったなあ、読書感想文。

 

おかげさまでAmazonのお気に入りには

本がぎっしり入ってますが

 

 

どちらかと言うと

まだ買っていない本の

「レビュー」が読みたくて

っていう。

 

ほんといまさら

ネットってすごいよねぇえ。