読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

私の心は狭いのか否(続きです)

 

朝の6時過ぎにきたLINE。

「るるさん、ごめんなさい、今さっきまでススキノで呑んでました」

 

ちょっと、予想してました。

若いときからこういう人でした。

いや、もっとひどかった。

 

仕事に遅刻や早退は当たり前

連絡は入れるが欠勤が多く

彼の上司はいつも怒っていました。

 

でも、不思議なくらい仕事は熱心で一生懸命のがんばり屋で熱い。

どうにも首を切れないし、憎まれないヤツでした。

 

彼は転職しましたが

転職先でも一生懸命がんばって

年を経て、某アパレルの店長になり、今は全国の店舗を回っています。

 

あの頃の彼のままでは店長になれるはずもなく、

「ああ、大人になったんだ、変わったんだな」

と、私は思っていました。

 

今回の朝のLINEで

ぶわーっと10年前の彼の残像が浮かびました。

 

「本質は、だらしないヤツだったなあ」

 

 

本当はここで私が

「今日はキャンセルにして別の日にしようか?」と言うのが友情かもしれません。

 

「そうか、じゃあ9時の待ち合わせを9時半にしましょう」

とだけ返しました。意地悪かな、と思いましたが。

そこから、既読はつきませんでした。

待ち合わせ場所に来るはずもないが、私は行きました。約束は約束なので。

 

待ち合わせ時間になっても既読はつきませんでした。

 

10時半になり、私は帰ることにしました。

まだ既読はつきません。

 

私からも一切メッセージは入れませんでした。

 

ある意味、ドタキャンといえど、明朝に連絡をくれたお陰か、不思議とあまり怒りは沸いてこなかったです。

 

が、約束を一時間過ぎたところで、泣きそうなくらい虚しく悲しい気持ちに襲われました。

 

どうして明日のために、お酒を自制出来なかったのか

私との一日の約束はそんな程度なのか

家族があって、子供がある私にとって、一日の時間を作ることがどれほど大変なことか

 

様々なリスクを背負って仕事を休むまでして、あなたの行きたいと言っていた場所に行くはずなのに、どうして、そんなに無神経なのか

 

私の時間を軽率にされたようで

悲しくて悲しくて仕方なかった。

 

私が独身の頃は、もしかしたら、電話で捲し立てて、許していたかもしれない。

 

でも、いま現在の私の状況を考えると

許すことが出来なかった。

相手の立場を全く考えない軽率な彼をどうしても許せなかった。

 

お昼頃に

「いま、目が覚めました。本当にごめんなさい」とメッセージが来ました。

 

悲しみをぶつけようか、迷いましたが

もう、私の中では彼は友人じゃなくなった。

 

だから、既読はしたけど、スルーしました。

 

「次予定を合わせれる日を決めたいです、連絡をください」

スルーしました。

「本当にごめんなさい。僕の次の休みは○日と○日ですが、都合はどうですか?」

スルーです。

 

それから、2ヶ月後に

「もうるるさんに会うことはないとは思いますが、転勤することになりました。今でもあのときのことを後悔しています。さようなら」

とメッセージが来ました。

もちろん、スルーです。

 

改めて

一つの友情が修了したと思いました。

 

私は一切何も言わずにいたので

もしかしたら、彼は

「ドタキャンくらいで、マジギレして、心の狭いやつ」くらいに思ってるかもしれません。

 

でも、もう、彼に気持ちを伝えるだけ

バカバカしいと思ったのです。

立場が変われど、大人になれど

本質は変わらない。

 

その本質が許せないなら

もう友情は成立しないのです。

 

 

この年になるといよいよ友達なんて出来なくなるし

これからも、どこかで素敵な友情はあるかしら。