読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

良妻、故に、手作らない

年末はまとまったお掃除はしませんでした。

 

そもそも年末なんて、まとまったお掃除出来るんでしょうか。

 

子供は冬休みで家でギャーギャー。

旦那は冬休みで家でゴロゴロ。

でもって、あたいも、家でゴロゴロ。

 

普段から掃除してれば、年末にやらなくても美しいってもんです。

 

で、私は年末ちょっと前、15日くらいに

プロのお掃除を頼んで、風呂トイレ洗面所流し台と、水回りを一通りお願いした。

 

家族がみんな不在の中で

「カギの場所はここです」とだけ教えて

テーブルの上に現金だけ置いて行くというやり方だったので、正直不安でしたが

家に帰ってきたら、まあ、もうピッカピカで。

追加料金払いたくなるくらい美しかった。

 

自分で、なかなか取れない汚れを色んな洗剤やスポンジ買ってきて、ガリガリ掃除するよりも

 

絶対にプロのお掃除にお願いした方がいい。

そして、掃除の後は、汚れも付きにくいので

半年、いや、三ヶ月に一度くらいお願いしたい。

 

そして、他には

どんなに一生懸命やってもなかなか理想に近づかない

包丁研ぎ。

汗だくになって、研いでも研いでもなかなか切れるようなならない。

 

せっかく結婚祝いで頂いた

大坂堺市の本場の包丁。

切れないから一年くらい使わず放置してた。

 

もったいなすぎる!

 

で、近くのホームセンターで、一本600円で研いでもらうと


f:id:ruruyasumi:20170118195023j:image

それはもう別世界。

必死になって、自分で包丁研いでたのが馬鹿馬鹿しくなるくらい。。

包丁研ぎって、昔は、お母さん、お婆ちゃんの家事の姿のイメージなのに。

私はあっさりプロに頼む人生になるのね。

 

ほんと、家事もなんだかんだで

餅は餅屋。

 

ですが、ちなみに、床フローリングのワックスがけは

プロより旦那の方が美しく仕上げるので

 

それはこれからもずぅっと

旦那のお仕事で。