読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

自己紹介って難しい

同じ官公庁の臨時職員の女の子は

数年間公務員試験を受けていた。

 

頭がいいので、筆記試験は毎回受かるみたいなんだけど

面接で落ちるらしい。

 

穏やかで、大人しい雰囲気で、すごく公務員っぽい子なんだけどなあ、なんで落ちるかなあ。

 

穏やかすぎて、他のギラギラハキハキした感じの人に先手打たれる感じなのかなあ。

 

面接の前に、面接の時に質問しやすいように面接カードなるものを提出しなきゃならないみたいなんですが

そのコピーを見せてもらう。

 

ああ、美しい字だ、頭がいいんだろうなあ。

 

・・・・

 

うー、ん、、落ちる、かなあ。やっぱり。

「自分の得てきたもの」

「自分の経験」

「自分の性格」 

ここまでは、いい。

 

一番大事な(且つ、難しい)

「自分の経験を踏まえて、仕事にどう役立つのか」

「自分の性格を踏まえて、仕事にどう影響力があるのか」

が、スッポリない。

 

これがないと、ものすごく動機が曖昧になり、意欲が全く伝わらない。

というか、それを上手く表現出来ないが故に、ダラダラと自分の経験を書いて、マスを埋めてるように見える。

「自分の本質」とうまく紐付け出来ないなら

「どうしてもこれがやってみたいんですう!」

だけでもアピールしないとなあ。

 

職務経歴書なんかを書いたり

人のを見たりするとすごく良く書けるようになるんだけど。

 

いい子なだけにすごく勿体ない。

 

でも、今年で公務員試験をやめるんだってさ。。

 

私も、自己分析は本当に苦手だけど

 

今のうちにトレーニングしておこう。

 

採用に最も近い方法は

「かわいい」や「かっこいい」

「自分の意見をちゃんと持っている」

「ハキハキしている」「真面目そう」

ではなく

単純に

「この人と一緒に仕事したいなあ」

のインスピレーションだったりする。

 

なんて、言ってる私だって。。。

うまくなんて、出来ないけど。

 

あー、じわじわ

転職めんどくさい病に侵されてます。

勉強しよ。。