大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

価値ある空間

私の行ってる予備校は

ネットワークで講義してる授業を教室のパソコン画面で見ながら学習するタイプ。

机ごとに仕切りがある。

 

マイペースで勉強出来るので、なかなかいい。

 

だが、仕事後に予備校に行って、一時間半くらいこれをやると眠くて眠くて仕方ない。

途中、意識が飛んで寝てしまうこともある。

YouTubeと同じで巻き戻しして見ることも出来る。

 

なんだけど、そもそもどっから寝たのかすら分からない。

もう一度初めから見直すには効率悪い。

 

解き方や方式は教えてもらえるが

応用問題の解き方は教科書の解説しか無いので

一つの講義を終えたあとは20ページくらい問題をすっ飛ばして進むことになる。

単純に一冊の教科書はだいたい一週間予備校でのネット講義を終えれば完了してしまうが

 

問いていない問題を残したまま次の教科書に進むから、結局は頭に入ってない。

 

 

これは、困った

あまり意味がないように思う。

 

じゃあ家でやればいいって思うが

どうしてだって家ってのはなんであんなに集中出来ないのか、まさに雑念エンターテイメント。

 

子供が寝なかったり、邪魔されると、イライラするし、つまり誰のためにもならないのが自宅勉強。

 

外で勉強するとなると、、、?

 

高校生の時は、よく図書館で勉強した。

久しく行ってないな行ってみようかな~と思って調べると、昔の自習室はもう自習禁止になっていた。

今は、カフェやフードコートでも勉強禁止と書かれたところがよくある。

 

勉強が出来る環境は

わざわざスペース料金を払って自習をしないといけないのだ。

若い頃は町中に気軽に座って勉強できるスペースはたくさんあったはずなのに。

いっそ、ネカフェが一番集中出来るんじゃないか、いや、それこそ雑念エンターテイメント。

なんで、ネットも漫画も読まないのに、ネカフェで勉強しなきゃいけないんだ。。。

 

今時の学生は、大変だなあとつくづく思った。

 

あんまり考えたこと無かったんだけど予備校の回りの人を見渡すと、ヘッドホンをしないで画面を見ないで、ノートにカリカリと書いて勉強してる人が多い。

 

ああ!そうか、みんなこうしてここで勉強してるんか!

いや、普通でしょと言われそうだが

ほんとに気がついてなかった。

 

 で、試しに昨晩は一度もヘッドホンも画面講義も開かず、ひたすら教科書の問題を解いた。

 

あっと言う間に二時間だ。

ええ!!すごい、全然眠くない。

 

素直に感動したし、集中出来たので

家でやるよりもものすごく正答率が上がって勉強が楽しかった。

 

そっかー、、、環境はとてもとても大事なんだなあ。

雑念だらけの自宅でダラダラ二時間やるよりも、予備校で集中した二時間の方がよっぽどタメになる。

 

簡単なことだったわ。

 

でも、予備校に通わないと、自習が効率よく出来る場所なんて、発見できなかったのかもしれない。

 

結局、予備校にはそれなりのお金を払っているから、その場所を使えるわけだし。

 

 

この広い北海道でも

やはり場所にはお金が掛かると思いました。

 

しっかり払った分のモトを取るために

今日も私は予備校にいく!

(学生と違うところは、このケチケチ精神です)