読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

息子が私に教育してくれた

私は息子が通ってる保育園の方針が好き。

「自律の心を養う」というもの。

自立ではなく、自らを律する自律。

どちらも悪い言葉ではないが、初めて方針を聞いたとき

「はぇ~、素敵だ!」

と思った。

さぞかし立派な教育をしてくれるのかと、期待してしまったが

保育園なのにテレビ鑑賞の時間は毎日あるし

先生が歌うよりCD流しちゃったりとか

ぶっちゃけどうなんよ?

ってとこは多々あるのですが。

 

昨晩、息子とご飯を食べていると

「○○君がね、いつもブロック自分で作らないで僕に作ってっていうの」

私「ふうん、別にブロックくらい作ってあげりゃいいじゃん」

「僕は作ってあげない」

私「(意地悪でいってるのかな?)何で?作ってあげりゃいいじゃん」

「だってさ、僕はいつも考えながら作ってるんだよ?」

私「うん」

「僕が作ってあげたら、○○君が自分で考えないから、作れなくなっちゃうでしょ?そしたら、いつまでも僕が作った武器と(ブロック)○○君が自分で作った武器で戦いごっこは出来ないじゃん?僕は○○君が考えて作った武器と遊びたい」

私「(!!ホンマや!そんなことまで考えてんの?)そうだね!本当にそうだね!自分で作らなきゃ考えない子になっちゃうもんね!○○君の作ったもので遊びたいもんね!あんたは偉い!」

と、べた褒めしました。

 

そっかー、そっかー、作ってあげないことが意地悪じゃないんだ。

作ってあげないのも、優しさなんだー。

こういうのって、保育園で学んだ気持ちなのかなあと思うと、感謝の気持ちも湧いてきます。

 

会社とか部活動の後輩教育に似てる。

なんでもやってあげるのは、相手の成長を妨げることになっちゃうもんなあ。

 

私はヒトに何かを教えるのが下手くそで

よくそういうことをぼーっと考えたりする。

 

人付き合いは好きだけど、物事を人に教えるのとは、ただの仲良しごっことは違うし。

回りくどくならないよう、簡潔に、簡潔にと意識すると、いろんなものを省きすぎて

結局何が言いたいのかわからなくなる。

 

実際は男女関係なく性格なんだろうけど

いわゆる男社会の教育のような

「一回言ったらやってみろ。失敗から学べ」

みたいなそうゆうのが好きです。丁寧に細かく指示されるのは、優しくても苦手かも。

実際、そういうぶっきらぼう上司に恵まれてきたので、尊敬できる人も多かった。

「ちきしょー、やってやる!」みたいな気持ちで立ち向かう方が私には合ってる。

 

私は、どちらにも該当しないやっぱり教育には向かない人なんだよなあ。

自分は自律したいくせに、人を自律するように促すのは苦手。

 

息子の話をきいて

私も反省しなきゃ、と

息子は私の尊敬できるタイプかしらあ~と嬉しくなったりしました。