読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

終わりがないというストレス

今までフルで仕事のあと、週3二時間だけの勉強だったが、4月以降は午後から夕方までみっちり勉強出来る。

 

仕事は午前で上がるので、ほぼノーストレス。

自分のやりたいように、自分のペースで勉強も日常も過ごせると思い、4月が来るのを楽しみにしていた。

 

実際に4月を半分終えた私はすごーく疲れている。

 

午後からの勉強だって、どうしてもやりたくなかったり、気乗りしなかったらやらなくてもいい。自由気ままに過ごしても誰にも何も言われないのに。

 

私はすごーく疲れている。

なんでだろう。。。

まだこの生活ペースに慣れないのはあると思うけど、多分、仕事をするよりも勉強に疲れているのかもしれない。

 

仕事は、必ず「一段落」がくる。次から次へとやることはあるが「いまいつまでにこの仕事をやる」という明確なものが目の前にあって

この仕事を終えると、少し気楽に過ごせるタイミングがあったり、ちょっと暇な期間があったり(まあ仕事によるかもしれないが)比較的自分で自分の配分を作れて、達成感を味わうまでのタームが短い。

また、やってみたけどどうしても独力では難しい仕事なら、仲間と配分できる。

10を5ずつ二人でやっても10に辿り着ければいいのだ。

 

勉強は、誰とも配分が出来ない。

分けあって、助け合って、100点は取れない。

自分のことは自分で全部の責任があって、その責任を全うできなければ、1年間が水の泡になる。

一緒に勉強する仲間はいるかもしれないけど、その人と同じ終着点に辿り着くわけではない。

 

勉強は自分で区切りをきめれば一段落出来るのかもしれないが、満足できることがない。今日はここまで、と決めても、満点まで持ち込むのには相当な時間がかかる。

終わっても終わっても、帰り道には

まだ足りないまだ足りない

あ、明日にはあれもこれもやらないと、忘れちゃう。これを極めないとあれも忘れちゃう。忘れる前にやらないと、また振り出しに戻っちゃう。

その脱力感と焦りを必ず背中に感じながら予備校を出る。

 

多分これがすごーく疲れる。

 

こんな気持ちになるなんて予定外だったなー。もっとスッキリ清々しい気持ちで

「今日も頑張ったなあ!」

って毎日を終えるのかと思ってた。

全国の受験生、ほんっとすごいよ。

おばちゃんほんとに尊敬する。

 

しかもこれは年齢のせいなのか

毎日同じペースで手を動かしてるせいか

毎日、手首、腕、利き手の右足、腰が痛い。

体までしっかり疲れている。

すっげー疲れてる。

 

仕事に比べると、誰かにストレスを与えられたり、嫌な気持ちになることは何一つない。だから、メンタルはボロボロにはならない。

 

だけど、毎日焦りや不安、追いかけられてるような、そういう自発的な謎の気持ちが湧いてくるから、全く人間ってやつは。。