大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

汗と涙?の運動会結果

7月1日、息子の運動会でした。

2週間前からスパルタで、究極の飴と鞭をうまく使いこなし

結果は

 

見事一位だったんだなすごくねええ?

 

徒競走は5人で走って見事ぶっちぎりの一位。

母さん、自分は一度も一位なんてなったことないからびっくりした。

そのほか、障害物競争では4位。

リレーはアンカーで、負けてしまいました。

いや、そんなことはいいんだ。

リレー、いつの間にアンカーだったの?

(たぶん、ずっと3位4位をウロウロしていた息子が

ある日を境に急激に速くなったので先生が順番を変えてくれていた)

 

前まで聞いてたときは

「○○ちゃん(女の子)にリレーではどうしても勝てない」

と嘆いていたのに本番ではその女の子ではなく

クラスで速い男の子とアンカーになっていたなんて

ママ聞いてなかったあ

 

結果は、バトンを受け取ったのではほぼ同時でしたが

コーナーで大回りしてしまい、惜敗。

 

ああ、そういえば直線の練習はしたけど

カーブの練習はしていなかった・・・

アンカーと知っていたならもう少し練習の余地があったのに・・・。

 

完全に監督不行届き、監督責任であります。反省してます。

 

自分の息子とは思えない見事な走りで、本当に転ばないんだなあ

本番に強いとかほんと羨ましいと素直に思っちゃった。

あと4歳までは見たことがなかった

息子の本気で悔しがる顔、これは最高だった。

 

成長を感じるってこういうことか。

悔しそうな顔、ママ、胸が熱くなりました。

 

子供の、大人に与える力ってのは本当にすごいわ。

ママも頑張ろうって本気で思って

今日はいつもより多く走ろうって思って

6キロランニングにチャレンジ!!

 

まあ、1キロ分は歩いたよね。

気持ちは感化されても、体が着いていかない

悲しき30代半ば。

限界に到達するのが早すぎるね、30代半ば。

 

子供の可能性は、頼もしくてしょうがない。

様々な出来事を

強要ではなく、

共有していけたらいいなって思いました。それだけで、母の人生は

スリリングでエキサイティングなものになるから。

 

最近子供に

「君の笑顔がどれだけの人を幸せにするっと思っているんだ!!」

と説教することが多くて

「ハア~??」

と呆れられることもしばしばなんだけど。

スマップじゃないけど

ほんと君が笑えば周りの人だっていつの間にか幸せになる

それが答えなんですよ。

 

わかるかなあ、いやぜってーわっかんねえだろうなあ。