大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

ゲームと子供の関係性を考える

息子ちゃんが運動会で一位を取ったら、好きなもの買ってあげるなんて約束をしたものだから

約束を果たさねばならなくなった。

息子ちゃんが今一番欲しいものはこれだ。↓

 

 いや、そもそもニンテンドースイッチ持ってねえし。

テレビCMで見たのと、保育園の友達が持っているので、自分も欲しくなったらしい。

 

ゲーム機については買うのか買わないのか

買うとしたらいくつからなのか。

夫や周りの人の意見などを聞いたりして

結論我が家では小学校に上がったら検討、ということになりまして。

 

でも気が付けば旦那の携帯を奪っては「スーパーマリオラン」やら「ミニオンズ」やらのアプリゲームをやっている。

そもそも旦那が甘いのがいけないんだけど(ちなみに私の携帯では絶対にやらない)

一度ゲームの味を知ってしまったら完全に禁止して取り上げるのもちょっと酷。

 

あんな小さな画面でチョコチョコとアプリゲームをやられるくらいなら

大画面で堂々と親の見ている範囲でやってほしい。

 

ニンテンドーはまだ買わない。

でも、携帯でゲームもしてほしくない。

旦那に「買ってやってよ」とせがまれて

これを買いました。↓


f:id:ruruyasumi:20170703213231j:image

Amazon Fire TV コントローラー。

これなら、まあ、もういいかと私の中では承諾。

しっかり時間を決めてけじめをもってやってくれれば。

これが一番難しいんだけどさ。

 

前回Amazon Fire のリモコンを買った時点で

テレビは息子が独占するように。

 

正直親としては楽にはなったけど、

「早く飽きてくんねえかなあ」が本音。

買ってかれこれ3か月ほどたったけど、順調にテレビの視聴頻度は落ちてきている。

飽きてくると今度はまた旦那の携帯ゲームにかじりつきようになる。

旦那の携帯なので、プレイできる時間はごく限られていて

それがさらに息子に「ゲームやりたいいいいーー!」の気持ちを助長させる。

 

だめといわれるほど、やりたくなるもんです、人間てのは。

 

そうなると、ぼーーーーーーとただテレビをダダ流しで見られているよりは

一度飽きるほどゲームをやって

もうやーめたってなるまで持たしてみてもいいかなって。

 

また、このコントローラーに対応してる無料ゲームアプリはさほど多くなくて

子供がやるのにはちょうどいい程度の内容だと思う。

 

まあ、はまりすぎたら、ママはこのコントローラーを

容赦なく隠す・もしくは廃棄処分ということになるけどね。

 

ちなみに、私も旦那もまったくゲームはやりません。

私たち夫婦のゲームの話題といえば

スーパーファミコン時代の「マリオカート」の話のみ。

そこから全く改進されることがない。

 

それなりにゲーム全盛期の世代だったのに、まったく感化されることなく大人になってしまった。

 

だから、ゲームに関しては夫婦ともども子供に対して手探り部分はとても多いのですが

昔、親に言われたように「ゲームばっかやってると馬鹿になる」ってのは大きな間違いだし

その逆

ゲームをやらなかった子がその時間勉強して賢くなったってことは全くないのは、私たち夫婦が証明している。

 

いつの時代も娯楽はあって、要はけじめをもってやらなきゃいけないこととの分別を付ければ、それでいいってこと。

 

それをきちんと小さい時から教えることができれば子供はまともに育つだろう。

 

うーーん、でもすでに携帯ゲームのことで私は何度も息子にぶっちぎれてるし

5歳児に

「けじめをつけなさーーーーい!」

と何度も怒鳴っている時点で、やっぱりこのコントローラーの購入は

失敗だったかな・・・・とちょっと思ったりもしてる。