大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

悶絶する痛み~まとめ~

結局、痔の痛みから解放されるまで丸々1週間かかりました。

あの地獄は二度と体験したくありません。

 

痛みの後半は、普通にしていたら気になるほどじゃないんだけど、40分ほど座っていたらまた痛くなるのでなるべくウロウロしてみたり。

 

痛みがピークになるタイミングも掴みました。

便をした直後から2時間はずっと痛い状態。

あと、坐薬を注入した直後も2時間はずっと痛い。

なので、朝、便をしてシャワーを浴びて坐薬を注入すると、つまり午前中だいたい10時くらいまでは悶絶状態。じっと耐えるしかない。通勤電車で死にかけたのもそのせいです。そのあとは「何だったんだ?」ってくらい痛みは引いてきました。

 

でも、また痛くなることを想像すると朝以外のタイミングで便意をもよおした時が大変。

どこかで便を出そうものならまたあの痛みと2時間闘わなければならないので、なんとか仕事間は我慢してました。(またそれもよくないんだろうけど)

 

今まで潜在的には持っていたであろう痔がなぜ突然夜中に爆発したのか。

その前後の生活習慣に原因があったと思います。

爆発の前週のスケジュールは。

・暑いからと言って毎日夕飯にビールを開けていた(酒が一番痔に悪いそうです)

・会社の人とアジア料理屋にいって辛い物をたらふく食べ、酒も飲んだ(辛い物も禁物)

・旦那の実家の家族と週末二日続けて焼き肉を庭でした(肉を食うと便が固くなり、出ずらくなるそうです)

・爆発前日、便が固くてしばらく踏ん張ってしまった(これが一番やばい原因)

・今まで仕事は事務と現場が交互にあったのが、現在は事務仕事の後は、予備校で勉強。つまり一日ほぼ座りっぱなし(人生でこんなに毎日座っていたことはありません)

 

と、まあ様々な要因が見えてきましたが。

ほぼ生活習慣からくるものだよね。激しく反省しました。

 

辛い物もお酒も肉も大好き。

それをすべて断ち切って、野菜ばっか食ってます。健康になった気がするし、なにより便が柔らかい、やさしい・・・。ありがてえ。

 

痔が治って直後の予備校の模試はボロクソでしたが、まあ本番の直前にこの痔になっていたら確実に試験には会場に行くことすら出来なかったであろう、と思うと

神様のお告げかな、と思うことにしました。

生活を見直してから試験に臨めとのお告げですな。

 

考えようによっちゃ

もっときつい病気になる前に、

「痔」

という形で生活改善を意識できるようになったなら結果得じゃね?治療費も3000円くらいで済んだしね。人生で一番つらい一週間でしたけどね。

でもさ、私程度の生活習慣でこんな悶絶レベルの痔になるなら

アメリカ人の尻とかほんとどうなってんの?と心配になりました。

 

私は野菜も大好きだし、アメリカ人と比べると酒も肉も格段に少ないだろう。

ずっと座ってる仕事じゃなかったし、そもそも日本人以外ウォシュレット文化ってあまり浸透してないんでしょう?子供の時から痔になってもおかしくないんじゃないの?

 

あんまり聞かないよね、外国人の痔の話。

こんど調べてみよう。