大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

アクセス数が急激に減った

今週から急激にアクセス数が減った。

見てる人なんているのか?レベル。

原因はわかっておる。

過去の「カップル喫茶」や「風俗なんちゃら」の記事を消したからだ。

正確には消したんじゃない、隠したんだけど。

いや、万が一、これから希望する職種の採用に影響があってはいけないとか

そうゆうことを考えて苦渋の決断だったんですよ。万が一「こいつだ!」とかばれたら困るかなあって。

でも、アクセス数という数字はとても素直。

エロネタを削ったとたんほぼ無人になるという。

 

逆に一日のうち、「カップル喫茶」というワードだけでどれだけの人間が検索していたんだって話。私の中では、死語だと思っていた。

経験したのだって15年位前だし。

 

アクセス数を増やすにはやっぱエロいこと言わなきゃダメなのか。

わかったぞ。

せっくすせっくすせっくすせっくすせっくす・・・

せっくすおんざびーち!!!!!!

 

 

そもそもアクセス数がそんなに欲しいのかというと、無きゃ無いでさみしいんだけど

あったからどうだということもない。

あったらあったで

「おおお、だれか知り合いがこの中にいたらどうしよう・・・」というくだらない気持ちに悩まされて、言いたいことも言えないんだよ。

 

アクセス数が欲しいのはどんな人だろう。

ブログを書いて稼いでる人?

今はやりのインスタ映えみたいな自己なんちゃら欲求を満たすため?

 

ブログにかっこいいこと書いて、いかにもわかってるぜみたいな感じを誰かに見てもらいたいってこと?じゃフェイスブックでよくね?

あ、フェイスブックだとやっぱり本人だとばれちゃうから、それはいやなの?

 

なんて、私もフェイスブックのイイネ!にははまっていたから

何にも言えませんです。

 

ただそういうのに疲れてしまって早々にフェイスブックをやめたからやっぱり数字稼ぎはあまり性に合わないんだなあと思う。

 

じゃあ、なんでブログ書いてんのって

やっぱ、さみしいからでしょうか。

 

 

アクセス数増やすために、今度はスワッピングパーテイー

の経験の話でも書こうかな。