大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

試験が終わりました

民間経験者枠の公務員試験が終わりました。

結果ですか。

 

ちょっと笑ってしまうくらい

ボロッボロでした。

ちゃんと正解まで辿り着いたのは1割くらいでしょうか。ほんとに身の程知らずを痛感しまして。こんなん、受かる人がいるのか?!て本気で思いました。

 

そもそも民間経験者枠の勉強内容は自治体によるけれど、だいたい高卒レベルのものだとどの予備校でも予測していて、なによりその甘さが露呈した気がしました。

予備校が悪いと言ってるわけではなく、高卒レベルの問題は約10ヶ月かけて、ヒーヒー言いながらもそれなりにそれなりな勉強をしてきたつもりでした。

でしたが、試験を解きながら

「あれ、私がやってきた勉強の範囲はそもそも根本的に間違っていたのではないか」という波に襲われました。

実際のところ、腐れ短大しか卒業してない私はセンター試験も経験せず、論文と成績表だけで推薦入学しました。

一度センター試験の苦節を乗り越えた方々なら高卒レベルはすんなり入れて、さらに上のレベルを勉強する能力が潜在的に備わっているのだろう、そこをすっ飛ばした私は足下にも及ばないのではないか。皆と同じ土俵で相撲をしていない。

それくらい勉強したことの論点がズレていたような気がしました。時間をかけて勉強すればいいってもんじゃない。勉強する内容が追い付いていなければ、いくらやっても掴みとれない。

その現実に試験開始わずか30分でぶち当たりました。

 

簡単に言えば、コクゴ国語、英語、時事、数学ってな感じの試験です。大卒公務員試験と比較すると教科が格段に少なくてかなり楽です。楽なはずなんです。

中でも数学が肝になるので、時間のかからない時事と国語、英語をさっさと済まして数学に取り掛かる手筈だったのですが、自信のあった時事問題の時点で、やってきた勉強に対しての激しい違和感を感じました。

細かい数字や言葉の暗記に囚われていましたが、全くそういうことではない!と頬をビンタされたような気持ちになりました。

 

あーもうこれ、わたし、恥ずかしいくらいお呼びでないわ。

そっからはあまりおぼえてないのですが、超マイペースでぼんやり試験を行うことになり、半分近い問題は勘です。答えは正確に導きだしておりません。問題もサラと見ただけで解読には至ってません。

 

ここまで勉強レベルの違いを見てしまうと

あと何年受験しても無理だろう、諦めよう

と、純粋に思ってしまい、全く悔しい気持ちにならず

「あー、早く帰りたい」になっちゃって。

中学校のとき、テストが始まって名前を書いた瞬間から寝てしまうクラスメートの気持ちがわかりました。

今年は完敗、撃沈です。私の実力では公務員試験は一生かかっても無理だと思います。

 

が、ね。

だがね。

帰宅して、試験問題を片付けていると

「今年は基礎を勉強したんだ。来年こそ応用で大卒レベルの勉強をしてもいいんじゃないか」

と、闘志が(欲が)出てきたわけです。


f:id:ruruyasumi:20170924222033j:image

こんなにまだやってない大卒参考書が山積みで、これを一年コツコツやれば、もしかしたら一年後にはそれなりな結果を残せるかもしれない。

そう思えました。

だって大人になってから、こんなに苦手なことばかりを毎日こなして、仕事と全く関係のない内容を勉強して、中学生以来、奥底にしまいこんでた数学脳を、無理矢理引っ張り出すなんて、もう一生ないだろう。

 

そして、思いの外、勉強自体が楽しかったという事実もあります。めんどくさかったけど、苦痛ではなかった。

 

1年間の勉強がほんとうにムダだったのかどうかを判断するのは、来年でもいいじゃないか!

 

ということで、ボチボチ来年に向けて勉強始めたいと思います。

あと、自分の子供には高校生になったら

大学いかなくてもいい、専門学校でも就職でもいい。でも、でも

センター試験に向けて勉強だけは必ずやりなさい

と教えてあげたい。