大人のるる休み

そこそこ大人、中身は子供、時々オヤジ「るる」のずる休み推進日記です。

どの面下げてだよ、まったく。

久々に会社の友人と二人で飲みに行った。

中心部から少し離れた繁華街で。

それがとてもとても良かった。

 

「すすきの」はもはや私が安易に行ける街ではない。

若い人、外国人観光客、ほんの少しのサラリーマン。

それが今のススキノを形成している。

 

私みたいなパートタイマーミドルの入る余地はない。

と言わんばかりにホットペッパーは予約でいっぱいだ。

 

だから、ちょっとはずれの繁華街の居心地の良さに驚愕した。場末のスナックが愛される理由がわかる。

 

とある大衆店でトイレ待ちをした。

男女隣同士の個室トイレの前で、一緒に待った男性がいた。双方酔っぱらっていた。

 

もちろん何もないどころか、私は男性とは全く他の方向を向いている。

 

5年前なら、間違いなく会釈して、ニコッと微笑んでいた私がいた。

これがキッカケで、その男性団体とこのあと飲みに行けた、それは比較的容易で普通のことだった。

 

なのにすっかりババアになった私は男性の方向にすら体を向けれない。

 

そんな自分を、おしっこを我慢しながら客観視していた。

「昔はこんな感じで逆ナンが成立していたなあ~」なんて。

 

今思えば、すげーって思ったけど

酔っぱらっていた若い頃は全てがチャンスで始まりだった。

 

と、同時に、今、横でトイレ待ちをしていた男性が

男性団体で女性が居なかったこと

年齢が同じくらいなこと

服装がラフで、会社飲み会ではなく仲間内飲み会の雰囲気だったこと

 

を、自分がすでに目視していたことに気がついて

「まだ感覚が鈍ってはいないが、全く私はどの面下げてだよ、情けない」

と笑えた。

 

やっと順番が回り、トイレに入ったら

ちょうど生理がきてびっくりした。

 

全く、本能ときたら

どの面下げて。。。

 

でも、ちょっと自分、可愛いと思った。

 

帰ってきて、二日酔いが怖すぎるので

酔いざましのため、明日のクリスマスケーキなために作った↓


f:id:ruruyasumi:20171223033152j:image

初めてだからガタガタだけど

息子はきっと喜んでくれるはず。